ほうれい線を消したい!目立たなくなるエクササイズ法&マッサージ法

老け顔にみられがちな原因のひとつ、ほうれい線。しかし、マッサージやエクササイズ、ツボ押しなど、ほうれい線を目立たなくする方法はあります。ここでは、ほうれい線の原因やそれを目立たなくする方法について詳しく紹介していきます。

ほうれい線の出来る原因は?

ほうれい線のような深いシワが出来る原因は、肌のハリを支えている真皮のコラーゲン繊維やエラスチン繊維が、変性・減少することです。コラーゲン繊維やエラスチン繊維の変性・減少には、加齢はもちろん、筋力の低下や毎日の生活習慣が影響しています。それでは、その原因を一つ一つ具体的に解説していきます。

肌の老化

人の肌は、20歳をピークに老化が進むと言われています。20歳をピークに基礎代謝が低下し、また、肌のハリに欠かせないコラーゲンやエラスチンを合成する線維芽細胞の働きが衰えるからです。そのような肌の老化を防ぐためには、肌のターンオーバーを促して、コラーゲンやエラスチンの修復にアプローチすることが大切。肌のターンオーバーは、顔のマッサージやエクササイズで血行を促すこと、また、抗酸化作用のある成分を含んだスキンケア用品やサプリを取り入れることなどにより、促進できます。

紫外線ダメージ

紫外線ダメージも、ほうれい線をはじめとして、シワや乾燥などの肌トラブルを引き起こす一因となります。なかでもUV-A(生活紫外線)は、室内にいても、窓ガラスを通り越して肌に侵入するほど、波長の長い紫外線。この紫外線が肌内部の真皮に到達し、コラーゲンやエラスチンを合成する線維芽細胞にダメージを与えることが、ほうれい線やたるみの原因になるのです。普段からサンスクリーン(日焼け止め)で紫外線ダメージを防ぐほか、保湿をしっかり行って肌のバリア機能を正常化させましょう。

頬のたるみ

加齢の影響で表情筋の筋肉が衰えるのも、ほうれい線が目立つ原因の一つです。表情筋は頬にある厚い脂肪を支えているのですが、衰えると肌全体が下がり、たるみができてしまいます。このたるみによって、ほうれい線が目立つようになるのです。頬のたるみを解消し、ほうれい線を目立たなくするには、表情筋を使ったエクササイズやマッサージがおすすめです。

生活習慣

実は、睡眠不足やデスクワークの姿勢も、ほうれい線ができる原因となります。特に最近はスマホの普及により、顔を下に向ける時間が長いなど、姿勢が悪い人が増えています。スマホの操作やデスクワークによって長い時間表情を動かさないと、表情筋が凝り固まり、余分な水分や老廃物が溜まるので、むくみやたるみ、そしてほうれい線へとつながるのです。また、睡眠不足によって肌のターンオーバーが滞るのも、原因の一つです。ほうれい線を予防・解消するためには、表情筋を鍛えるエクササイズや血行を良くするマッサージ、質の良い睡眠、姿勢をよくするなど、生活習慣を改善していきましょう。

ほうれい線にアプローチ!エクササイズ

ほうれい線を予防・解消するためには、表情筋を使ったエクササイズがおすすめです。エクササイズは、ほうれい線だけではなく、たるみにもアプローチしてくれます。やり方さえ覚えれば、場所を選ばずいつでもエクササイズが可能。ほうれい線やたるみが気になる人は実践してみましょう。

エクササイズ① ひょっとこ口

口を左右に動かすエクササイズです。まずは、口を「う」の形にして、唇を前に突き出します。そして、唇を顔の右側に思いっきり移動させてください。左側も同様に行います。左右の動きを1セットとし、3セット続けてください。イメージとしては「ひょっとこ」のような表情です。表情筋をしっかり使い、ほうれい線を引き伸ばすようなイメージで左右に動かしましょう。

エクササイズ② 頬をふくらませる

頬を膨らますエクササイズです。片方の頬に思いっきり空気を入れ、膨らませます。このまま10秒間キープして、もう片方も同様に行いましょう。左右の動きを1セットとし、3セット続けたら完了です。ほうれい線が伸びているのを感じながら行うのがポイントです。

エクササイズ③ 舌運動

舌先を使ったエクササイズです。口をしっかり閉じたら、ほうれい線が出る斜め下あたりに舌先を当てます。そして、ほうれい線のラインに沿って、舌先を下から上に動かしてください。もう片方も同様に行います。ポイントは、リフトアップを意識しながらほうれい線を伸ばしていくことです。左右を1セットとし、3セット続けたら完了です。

ほうれい線にアプローチ!マッサージ方法

ほうれい線の予防・解消には、血行を促進してターンオーバーを促すことも必要です。ここでは、血行促進やリフトアップにアプローチするマッサージ方法について解説していきます。おすすめは、湯船に浸かっている時やスキンケアの最中です。湯船に浸かると全身の血行が良くなるので、効果的なマッサージが行えます。また、スキンケアの最中なら、保湿を兼ねたマッサージができます。毎日少しずつマッサージを取り入れていきましょう。

マッサージ①

リフトアップを意識したマッサージです。マッサージクリームやスキンケアクリームなどを適量手に取り、手のひらでなじませます。そして、顎からこめかみに向かって、螺旋状に手のひらを滑らせていきましょう。必ず、下から上に向かってマッサージしてください。

マッサージ②

皮下脂肪にアプローチするリンパマッサージです。マッサージクリームやスキンケアクリームなどをたっぷりと手に取り、目や口の周り、頬などを左右対称にマッサージしていきます。指の側面を使い、顔の中心から外側に向かってマッサージしましょう。そして、耳の前あたりから首筋、鎖骨へと流すように首をマッサージしていきます。これによりリンパの流れが促され、皮下脂肪の原因となる余分な水分を排出することができます。皮下脂肪を解消することで、ほうれい線やたるみの予防・解消につながるのです。

マッサージ③

リンパとツボを同時に刺激するマッサージです。まずは手をグーの形にして、顎から頬に向かってコリをほぐしていきます。次に、人差し指と中指を折り曲げ、第二関節の部分を頬に当てて、目の周り、頬などを耳に向かって引き上げてください。次に、伸ばした指を目の下に当て、目尻に向かってやさしくなぞっていきましょう。その指をこめかみまで引き上げたら、マッサージ完了です。リンパだけではなく、ツボを刺激することができるので、ほうれい線やたるみの予防・解消にぴったりです。

マッサージ時の注意点

マッサージを行う際、摩擦によって肌にダメージを与えてしまうことがあります。特に、肌が乾燥している状態でマッサージをすると、摩擦によるダメージを強めてしまうので、マッサージクリームを使用するようにしましょう。また、オールインワンジェルを使ったマッサージもおすすめです。「コラリッチEX」なら、肌のハリに欠かせないコラーゲンの働きを支える美容成分が豊富に含まれています。また、肌馴染みの良いアルガンオイルや、体温で溶けるシアバターが含まれているので、保湿をしながらマッサージすることができます。みずみずしいテクスチャーで肌もべたつきません。マッサージをしながらスキンケアが1ステップで完了できる手軽さも魅力的です。

ほうれい線にアプローチ!ツボ

ほうれい線の予防・解消に働きかけるツボ押しを紹介していきます。ポイントは、リズム良く押すこと。ツボを押すときに息を吐いて、離すときに息を吸うと良いでしょう。ここでは押し方だけではなく、ツボの場所や効果についても解説していきますので、ぜひチェックしてみてください。

巨りょう(こりょう)

巨りょうは、小鼻(鼻の横と瞳の中心(黒目)が交わるところに位置しているツボです。指で押すと軽く凹んでいる部分が2箇所あるので、探してみましょう。巨りょうの場所を把握したら、指の腹を使って、力を込めず、軽く5秒間押してください。指を離すときはゆっくりと。これを5回ほど繰り返してみましょう。

迎香(げいこう)

迎香は、左右の小鼻(鼻の横)にあるツボです。老廃物が溜まりやすい場所なので、ツボを押すことで老廃物の排出を促し、ほうれい線の予防・解消に役立ちます。このツボを、麺棒を使ってイタ気持ちいい加減で押してください。1回につき10秒間、計4セット行いましょう。血行が良くなります。

ほうれい線へのアプローチ法

ほうれい線は、加齢や紫外線、生活習慣などによってできてしまいます。ほうれい線を予防・解消するためには、表情筋を鍛えることと血行を良くすることがポイントです。生活習慣改善や日焼け対策はもちろん、エクササイズやマッサージ、ツボ押しを取り入れて、ほうれい線にアプローチしていきましょう。

コラーゲンを上手に補給し、何歳になってもハリのある肌を

オールインワン化粧品で時間をかけずにスキンケア

関連コラム