マリオネットラインを解消!頬のたるみ3分エクササイズ

マリオネットラインとは、ほうれい線と同様に口周りの筋肉の衰えによってできるラインのことです。年齢による筋肉の衰えもありますが、普段何気なくやってしまっている行動が原因になっている場合もあります。

マリオネットラインとは

マリオネットラインとは、名前の通り操り人形や腹話術で使う人形の口元に似ていることからその名前がつきました。唇の両脇からあごへ向けてのびる「溝」のことです。ほうれい線の下にできるため二重ほうれい線と言われることもあります。
笑っているときにはあまりわかりませんが、真顔のときなどふとした時に、マリオネットラインがあることで年齢よりも老けて見えてしまいます。マリオネットラインの出現に比例して口角も下がりやすくなるため、意識して口角を上げないと「不幸っぽい」「怒っている」「不機嫌」といった印象を与えがちに。マリオネットラインが出来た?と思ったらエクササイズなどで口周りを鍛えて目立たなくしましょう。

自宅で3分!マリオネットライン解消エクササイズ

マリオネットラインに深く関わるのは「口輪筋」「広頚筋」「口角下制筋」の三つ。この三つの筋肉を鍛えていくことでマリオネットラインの予防・改善はもちろん、美しいフェイスラインや上がった口角が手に入ります。

エクササイズで余計に溝が深くなってしまうのでは?と心配される方もいるようですが、お顔の筋肉を鍛えることは溝を「薄く」する効果が期待できます。心配されずに、筋トレだと思ってぜひ日課にしてマリオネットラインの予防や改善に役立ててください。

(1)口輪筋トレーニング

口輪筋とは口周りをぐるっと囲んでいる筋肉のことで、口を尖らせたり閉じたりする働きがあります。

  1. まずは空の500mlのペットボトルを用意し、口を「お」の形にします。
  2. 「お」の形のままペットボトルを加えゆっくり10数える。このとき歯を使わず唇のみで。慣れてきたらペットボトルにお水を入れて重さを出してみましょう。

(2)広頚筋(こうけいきん)トレーニング

広頚筋とは、口元、下顎、首にかけて大きく広がる筋肉のことをいいます。この筋肉が緩むと、繋がりのある筋肉、皮膚、脂肪も一緒に緩んで下がってしまうため、マリオネットラインの改善には重要な筋肉となります。

  1. まず姿勢を正し正面を向きます。
  2. 5秒くらいかけてゆっくり真上を向きます。
  3. 上を向いたまま下唇を突き出し5秒キープ
  4. 追加で上唇も突き出し5秒キープ
  5. 頭をゆっくり左に傾ける
  6. 反対側(右)に傾ける
  7. 5秒かけてゆっくり正面に戻る

(3)口角下制筋トレーニング

口をへの字にしたとき口角を下げる筋肉。柔軟性を失い硬く縮こまると口角が下がったままになります。この筋肉は鍛えるというよりもほぐしたり「緩める」ためのトレーニングを行います。

  1. 口角に人差し指と中指を当てる
  2. 左右に軽くゆらすようにマッサージする
  3. 少しづつ、顎の方へマッサージしながら移動

ここで紹介したマリオネットラインに深く関わる三つの筋トレに加えて、表情筋をバランスよく鍛えることも予防や改善、またお顔全体のリフトアップにつながります。こちらの記事もぜひ参考にしてみてください。1日3分の表情筋トレーニング ~顔のたるみをリフトアップ~

マリオネットラインの原因は「頬のたるみ」

マリオネットラインは頬の脂肪の下垂(垂れ下がり)が大きな原因。
お顔の表情筋が衰えると頬の脂肪の重みに負けて、脂肪の下垂が起こります。この脂肪の下垂によってできる溝がマリオネットラインの正体。加齢だけが原因ではないんです。頬がたるむ原因を知って防ぎましょう。

猫背

デスクワークの人を含め、首が前にでた猫背の姿勢をとる時間が長い方は、若くても広頚筋が衰えやすくなるためマリオネットラインを引き起こしやすくなります。広頚筋の衰えは二重アゴや首のしわにも繋がります。上で紹介した広頚筋のトレーニングと合わせて首の前側を伸ばすストレッチを行なったり、骨盤を立て顎を引いた正しい姿勢で過ごすことを心がけましょう。

噛み合わせが悪い

噛み合わせがマリオネットラインの原因になることもあります。噛み合わせが悪い、虫歯治療のあとや、片方ばかりで食べるなどのくせがあると、顔の筋肉のバランスが悪くなりシワや溝ができることがあります。噛む時に左右差がない様に気をつけたり、噛み合わせが悪い場合は歯医者さんや口腔外科に相談を。

紫外線

紫外線はシミだけではなくお肌のハリ・弾力を衰えさせます。すると皮膚のたるみが進行。筋肉のたるみは筋トレで取り戻せますが、皮膚のたるみは中々ケアが難しいので予防が一番。皮膚のたるみを引き起こす紫外線A波は冬でも降り注いでいるため、一年を通して紫外線対策をしましょう。表情筋の衰えは老化によって引き起こされやすくなりますが、年齢を重ねても筋肉を鍛えることである程度抑えることが可能です。

三つの筋肉のトレーニングと平行して、普段から姿勢を正したり、よく噛んでよく笑う習慣を身につければマリオネットラインだけでなくほうれい線やお顔全体のたるみにも良い変化が見込めます。美は1日にしてならず。ぜひ毎日のルーティーンに加えてみてくださいね。

コラーゲンを上手に補給し、何歳になってもハリのある肌を

オールインワン化粧品で時間をかけずにスキンケア

関連コラム