【レチノールの効果と副作用】シミやシワに効くって本当?

シワやシミの対策に人気なレチノール。レチノールがどんな成分なのか、効果があるのか成分について詳しく解説します。気になる副作用についての知識もお届け。レチノール配合化粧品の選び方や使い方、注意点などわかりやすくお話していきます。

【レチノールの基礎知識】効果と副作用は?

レチノールは以前、NHKの番組でも効果があると話題になったようです。ターンオーバーを早める効果や、コラーゲンの生成を助ける効果があると言われています。しかし、化粧品においてはほかの成分との組み合わせや作り方で効き方が変わるため、一概に効果があるとは言えない面があります。つまりハリなどの効果を実感できる商品は、他のいい成分との相乗効果が期待できる商品であるものが多いということです。また、副作用はレチノールの効果が高いほど起こりやすいとされています。詳しくお話していきますね。

化粧品や医療部外品に配合されることの多いレチノール

レチノールは、元々皮膚科でニキビ跡の治療のために処方されていたもので、そこから効果が注目されるようになりました。成分としては、ビタミンAの一種で、元々人間の体内にあるものです。いくつかの種類があり、病院で処方されるものと化粧品や医薬部外品に配合されるものではタイプが異なります。

レチノールの種類 配合制限 内容
トレチノイン
(レチノイン酸)
医薬品(病院処方) ビタミンA誘導体でシミ、シワ、ニキビの治療薬として処方される成分
パルミチン酸レチノール 医薬部外品、化粧品 ビタミンA誘導体の中でも刺激が少なく、化粧品に配合される成分

効果が強すぎるため、トレチノインを化粧品や医薬部外品には使うことは認められていません。そこで、働きが穏やかな別の種類のレチノールがいくつか作り出され、化粧品に取り入れられるようになりました。パルミチン酸レチノールがその代表格です。

病院処方のレチノール「トレチノイン」の効果

ここではレチノールの中でも、病院の皮膚科で主に扱われる、レチノイン酸の一種「トレチノイン」がお肌へもたらす効果をご紹介します。

肌のターンオーバーを早め、小ジワを改善

肌は下の図のように何層にも分かれています。奥にある層(基底層)の細胞は、日を追うごとに上に少しずつ上に昇り、肌表面(角質層)にたどりつくと垢となって、はがれ落ちます。このしくみをターンオーバーと言います。

ターンオーバーの仕組

シミの原因はターンオーバーが遅かったり、上手くいかなかったりすることで、色素が残ってしまうことによるものです。そのターンオーバーを促進し、早めると言われているのが「トレチノイン」の効果です。この働きにより古い角質層を薄くし、小ジワを改善したり、表皮全体をふっくら厚くしたりすることでハリ感が出ます。ただし、これはトレチノインを肌の奥まで浸透させる強い薬が一緒に含まれているから出る効果なのです。

コラーゲンの生成を助ける

表皮のさらに奥の層には、肌のハリや弾力に関係する、コラーゲンやエラスチンを作る細胞があります。

皮膚細胞構造

これを線維芽細胞(せんいがさいぼう)と呼び、「トレチノイン」は、その線維芽細胞に働きかけ、肌の美容を保つための成分の生成を促します。このように「トレチノイン」は病院で使われる処方薬のため、小ジワやたるみ、ニキビ跡への効果が期待できます。

レチノールの副作用は?

病院処方のレチノール「トレチノイン」には、皮膚がポロポロ剥がれ落ちてしまう落屑(らくせつ)、皮膚が赤くなってしまう紅斑(こうはん)といった副作用があります。化粧品には穏やかなタイプのレチノールが使われているのでそれほど心配はいりませんが、絶対に安全とは言えません。

副作用が出た場合の対処法

副作用が出てしまった場合は、一旦使用を停止し、2~3日様子をみましょう。使用を再開する際は使用頻度を下げて、様子を見ながら使用してください。日にちを置いても赤みなどの症状が改善しない場合は皮膚科に相談しましょう。

レチノール配合の商品を選ぶポイントと使用するときの注意点

それでは、効果や副作用について確認したところで、レチノール配合の商品を選ぶときのポイントと使用するときの注意点をお話しします。また、効果のある・なしは個人差もありますので、実際に自分の肌で最低1ヶ月、効果を感じるには2ヶ月~3ヶ月使用し様子を見るといいでしょう。

低刺激なパルミチン酸レチノール配合の商品を選ぶ

化粧品や医薬部外品に配合されるレチノールにも種類がいくつかあります。その中で低刺激であり、安定していると言われているのがパルミチン酸レチノールです。選ぶときはこちらの成分が配合されている商品を選ぶとよいでしょう。

肌が敏感な時は控える

化粧品や医薬部外品に使われているものは低刺激で安定した成分のものですが、絶対安全とは言い切れないので、肌が落ち着いている状態で使い始めると良いでしょう。

紫外線対策をしっかりと行う

レチノールを使用すると角質層が薄くなりやすなります。そのため、紫外線が肌に入りやすくなるので、紫外線対策を怠らないことが重要です。

コスメのプロがおすすめするレチノール配合化粧品

ここでは、化粧品に配合可能な低刺激の「パルミチン酸レチノール」配合化粧品をご紹介します。

ビタミンワールド/レチノールクリーム

ビタミンワールド/レチノールクリーム

エイジングケアにおすすめで、敏感な肌でも使いやすいココナッツオイルが多く配合されています。アメリカで販売されている商品ですが、通販で購入が可能です。

サンナチュラルズ/ピュアジェイオイルデュー

サンナチュラルズ/ピュアジェイオイルデュー

ホホバオイルとホホバ葉エキスをゲル状にした美容液でエイジングケアオイル(オメガ7系オイル)も配合された美容液です。

まとめ

レチノールについて、おわかりいただけたでしょうか?レチノールは適切に使えば、シワやシミの対策として有効です。しかし、副作用がないわけではないので、レチノール配合商品を使うときは注意し、メイクをしなくてもいい、お仕事の休日前夜から試してみるなど、タイミングも考えて使うことをお勧めします。

関連コラム