汗にニオイ・・・オトナ女子の人には言えないデリケート問題対策法

汗をかくと臭いが気になる。特に、脇、頭、足などは蒸れやすく臭いやすくなるといわれる場所で気になりますよね。今回は、そんな気になるニオイの原因や対策方法を紹介します。

ニオイの原因は汗?汗そのものが臭う訳ではない?!

汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺の2種類あって、分布に違いがあります。エクリン腺は全身に広く存在しているのに対して、アポクリン腺は脇の下や陰部、乳頭や耳の中など特定の部位に集中しています。実は、暑いときや運動したときに私たちが汗だと体感しているのは、主にエクリン腺から放出されたもの。このエクリン腺からかいた汗は、におう原因には直接なりません。一方、アポクリン腺から放出された汗は、タンパク質を含み、やや白濁しています。

暑さで汗をかくとニオイがするのは、その後時間がたって、皮脂や垢などが混ざり、雑菌が繁殖するから。このアポクリン腺からでる汗は、アジア系の日本人は比較的少なく、欧米、アラブ系の人種の方が多くなる傾向になります。フェロモンの元になるとも言われていますが海外で香水が浸透しているのは、この体臭をカバーするためと考えることもできます。それでも、梅雨時以降秋頃まで蒸し暑い日本の気候では、ニオイは非常に気になります。

ニオイを防ぐ対策方法

気になるニオイの対策方法は、拭き取るなどの外側からのケアに加えて食生活の見直しなど内側からのケアを合わせて行うと、さらに効果が期待できます。ちょっとした習慣の見直しでも対策可能なので、是非実践してみてください。

こまめに汗を拭く!

汗自体が直接におうのではなく、かいた後に雑菌が繁殖してにおうので、汗をかいたらこまめに汗を拭くことが一番の対策方法です。タオルやハンカチなどでかいた後にこすらず、優しく押さえることですぐに拭き取るようにしてください。また、ドラッグストアやコンビニなどで手軽に購入できる汗ふきシートが手軽な対処方法です。ミントなどの香りが付いており、爽快感がありスッとするものもあるので、特に蒸し暑い時期や真夏に使うのもオススメです。

体の中から見直す!食生活

ニオイを抑えるのに効果的な食品は、抗酸化の作用があるビタミンE,ビタミンC,カテキン、ポリフェノールが入った食品、乳酸の発生を抑えるアルカリ食品(梅干し、海藻)、腸内のタンパク質やアンモニアなどニオイ物質を抑える食物繊維が豊富な食品が挙げられます。肉類、乳製品などの動物性タンパクはとりすぎるとニオイの元になってしまうので、ビタミンが豊富な果物や野菜、こんにゃくや海藻など腸内をお掃除できる食品を選ぶようにしましょう。

運動や半身浴で汗をかく!

汗をかく機会が減ると、汗腺の機能が低下するので、適度に運動などをして汗をかくようにしましょう。毎日の通勤、日々の買い物や生活でよく歩くようにしたり、半身浴など普段の生活の中で行うようにしたりすると無理がありません。

通気性のいいものを着用する

ムレが雑菌の増殖を促し、ニオイを発生させやすいので、通気性がいいもの、吸水性がいいもの、速乾性があるもの、などの着用がオススメです。吸水性のないレーヨンよりも、コットン素材の下着を選ぶようにしましょう。

ストレスをためない

疲れやストレスは活性酸素を体内で発生させ、体臭を強くすることがあるので、睡眠をしっかりとって、ストレスを発散させてためないなど工夫することも大切です。

【部位別】特に気になるニオイの原因と対策方法

汗自体がにおう訳ではないので、対処法としては、汗をかいたらすぐ拭くのが一番です。特に気になる脇、足の裏、頭などのニオイについては、その原因や特徴とともに対策方法について紹介します。

脇の下は、全身の中でも体温が高い部分のため体温が上がり始めたら、体の中で最初に汗をかきやすい場所です。

対策方法

あらかじめ塗ることでニオイを抑える、ロールオン、スティック、クリームタイプを使用すると予防になります。汗取りパッドも種類が豊富なので汗ジミができるほど汗をかく人にオススメです。スポーツなどで汗をかいた後には、拭き取った後にスプレーを行い、汗とスプレーができるだけ混じらないようにしましょう。

足の裏

手のひらと同様に足の裏は、汗をかきやすい部分です。一日中靴を履いている人も多く、拭き取るなどのケアがしにくいのでニオイやすく注意が必要です。

対策方法

朝出かける前に足用のデオドラント剤を使用して、コットンや絹の靴下をはくようにしましょう。5本指ソックスも指の間が蒸れにくくなります。また、抗菌性のある中敷きを使用するのもオススメです。

頭皮

皮脂腺が発達しており、角質細胞がはがれてフケやかゆみを発生しやすく汚れやすい部分です。

対策方法

シャンプー前に軽くブラッシングして、濡らすだけでも汚れは良く落ちます。シャンプーやコンディショナーのすすぎ残しに注意して、髪を洗った後には雑菌が繁殖しないようにきちんと乾かすことが大切です。

加齢臭

ノネナールは加齢とともに増加する脂肪酸が酸化することで発生する原因物質で、加齢臭の元になっています。

対策方法

これまでに紹介した対策方法を意識し、体を洗う時には脇や足などニオイの発生しやすい部分は丁寧に洗い、すすぎ残しのないようにしましょう。また、肉や乳製品は消化する時にアンモニアが発生し、ニオイの元になりやすいので、気になる人は控えるようにして、野菜中心の食生活を心がけましょう。

制汗剤などもうまく利用

様々なタイプのある制汗剤ですが、一番使いやすいのはミストやスプレータイプで衛生的です。ロールオン、スティック、クリームタイプはお肌に直接塗ることができるので定着しやすくなります。

種類 特徴 おすすめしたい方
ミスト みずみずしく衛生的 さっと使いたい方
パウダースプレー 手軽に使え衛生的 ベタつきが苦手な方
ロールオン お肌に定着しやすい 塗りやすさ重視の方
スティック お肌に密着しやすい 手軽さ&効果を期待したい方
クリーム 塗る場所を定めやすい 効果重視の方
シート 汗を拭きとる事ができる ニオイと汗が気になる方

まとめ:

ニオイは自覚がないことが多く、周りの人の方が気づきやすいものです。今回紹介したように、こまめにケアをすることで違いが生まれます。梅雨時から夏のジメジメする季節は、特に気をつけるようにしましょう。

関連コラム