むくみに効く漢方5選!気になるむくみにさようなら!

あなたは、朝起きたら顔がいつもより腫れぼったかったり、夕方になると脚が重だるくなってしまった経験はありませんか?こういった症状は、水分代謝が悪くなってしまったことによる「むくみ」が原因だと考えられます。

むくみは様々な原因によって引き起こされますが、早めのケアで対処できる場合がほとんどです。今回は、その「むくみ」に効果的な漢方5つと、むくみ解消に効く養生法をご紹介します。

脹脛をつまむ女性

むくみに効果的な漢方薬5選

薬膳 漢方 健康食 Chinese medicine with medicinal herbs

五苓散(ごれいさん)

むくみに対して最もよく使われる、代表的な漢方です。利尿作用があり、水分摂取が多い割に尿量が少ない方に効果があります。体調不良によるむくみにも効果的で、二日酔いや腎臓疾患を原因としたむくみまで、幅広く使われます。水分過多による頭痛やだるさなどが解消されます。

防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)

水を貯めこんでしまって太るタイプの方にとても相性のよい漢方です。体が重だるく、関節に水が溜まりやすい。更に、尿量が少なく、疲れやすくて風邪をひきやすい、といった方は効果を実感しやすいでしょう。ダイエットをしたいけれど、関節が痛くて運動ができない方などに最適です。

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

婦人科系の代表的な漢方の1つです。日常的なむくみ体質だけでなく、妊娠中のつわりやむくみにも非常に有効です。水分を貯めこんでしまったことによる、妊娠中のアレルギー症状や湿疹にも適しています。水を体中に巡らせて、血を補う作用があるため、生理不順や生理痛、生理前症候群など、生理による不調にも幅広く対応できます。

柴苓湯(さいれいとう)

小柴胡湯(しょうさいことう)と五苓散を合わせた漢方になります。体の中に滞っている熱を発散する効果があり、イライラや目の充血などを抑えます。ストレスによる熱を取りながら、胃腸の調子を整え水分代謝を上げるため、むくみを伴う胃腸炎にも使用されます。アレルギー症状がある方や、水太りをしてしまう方にも適しています。

牛車腎気丸(ぎゅうしゃじんきがん)

腎の力が衰えて、水分代謝が悪くなったことが原因で起こるむくみを解消してくれます。腎は年齢とともにその機能が低下します。むくみに加え、脚の冷え、腰痛や関節痛がある方にはぴったりです。ただし、体を温める作用があるため、膀胱炎などの炎症に伴う夜間頻尿や残尿感に使用することはできないのでご注意を。

日常生活でできる、むくみに効く養生法

入浴

むくみは、水分を体内からうまく排出できないのが原因で起こってしまうため、湯船に浸かってたっぷり汗をかくのが効果的です。体を暖めながら水や血を巡らせるため、根本的に冷えやむくみを解消できます。すぐにのぼせてしまう方でも、ぬるめのお湯に数分間浸かる習慣をつけましょう。それだけでむくみづらい体に変化してきます。

マッサージ、ストレッチ

入浴と合わせて行ってもらいたい、むくみ解消の養生法になります。体内に滞りがちな水と血を循環させて、その日一日のむくみをしっかりととってくれます。鼠頸部(そけいぶ)と呼ばれる脚の付け根に大きなリンパ管がつまっているため、立ったままの姿勢で片足ずつ引いてよく伸ばすと、脚がスッキリしてくるでしょう。

運動

汗を拭く女性

運動不足もむくみの原因として挙げられます。脚の筋肉を動かすと、それがポンプの役割をして下半身の循環を促します。ずっと立ちっぱなし、座りっぱなしのことが多い方は、できるだけ歩く時間を増やすように心がけてください。日々できることとして、エレベーター代わりに階段を使うのも有効です。

塩分、お酒を控える

しょっぱい食べ物や塩辛い食べ物をよく食べる人は、要注意です。塩分(ナトリウム)を過剰に摂ると、体内の浸透圧が変化し、水を貯めこんでしまうからです。また、アルコールの摂取もむくみの大きな原因となってしまいます。むくみが気になる方は、お酒の席でしょっぱいおつまみをついつい食べてしまう・・・なんてことにならないよう、気をつけてくださいね。

カリウムを多く含む食材を摂る

カリウムは、塩分(ナトリウム)を排出する効果があります。ほうれん草やバナナ、アボカドなど、様々な野菜や果物に多く含まれています。上記のような、塩分摂取がどうしても多くなりがちな方は、積極的にカリウムをたくさん含む食材を取り入れてはいかがでしょうか?

水分をたっぷり摂るコップの水

意外と盲点なのが、水分の摂取量です。むくみがある方は水分摂取を制限してしまう方も多いのですが、それは逆効果です。綺麗な水をたくさん摂ることで、体内の古くなった水分が、老廃物と共に排出されます。その方の体質にもよりますが、一日1−2リットル以上飲むと良いでしょう。たくさんお水を飲んで、たくさん出す、という習慣がつくと、水分代謝が向上します。

自宅で簡単にできる!むくみに効果的なツボ

委中(いちゅう)

膝の裏側の中央に位置するツボです。委中から足首に向かって刺激することで、ふくらはぎ全体のむくみを解消します。湯船に浸かりながら1−2分行うと良いでしょう。

湧泉(ゆうせん)

足の裏にあるツボです。足の指を曲げた時に凹む部分にあります。1−2分程度刺激することで、体全体のむくみを解消します。

豊隆(ほうりゅう)

足の外側、すねの中央部分にあります。強めに揉みほぐしたり、呼吸に合わせて吸う時に押し、吐く時に戻す、を繰り返しても良いです。

いかがでしたか?日常のちょっとした気遣いによって、むくみは簡単に解消することができます。十分な睡眠と、栄養バランスの取れた規則的な食生活を土台に、上記のような養生法を習慣化するのが一番理想的です。それでもまだむくみがある方は、ぜひ漢方を取り入れてみてください。自己判断で購入するよりも、漢方を取り扱っている病院・クリニックや、漢方専門の薬局にて専門家に相談すると、あなたの体質に合った漢方を提案してくれるでしょう。

むくみをスッキリ解消し、健やかな毎日を過ごせるようにしっかりと体質改善をしていきましょう!

コラーゲンを上手に補給し、何歳になってもハリのある肌を

オールインワン化粧品で時間をかけずにスキンケア

関連コラム