乾燥に効果的!保湿成分セラミドとは?

保湿にいいと言われることの多いセラミド。実は保湿するためにもまず必要な、○○を高める成分なのです。敏感肌やアトピー肌、年齢肌に良いと言われる理由がそこにあります。さて、○○とは何かわかりますか?

セラミドの効果=バリア機能を高める

セラミドは肌が持っている成分です。これが不足するとお肌が弱りやすくなってしまいます。そう、○○とは、バリア機能のことです。
簡単に図で肌の説明からしていくと…

お肌は何層かに分かれていて、図の「表皮」の角層細胞(目に見える皮膚の表面)周辺にセラミドはあります。肌が持っている物なのに、なぜ化粧品で人気があるのでしょうか?

セラミド不足の敏感肌・年齢肌

乾燥肌が深刻化したり、間違ったスキンケアでやデリケートになってしまった敏感肌も角層細胞にダメージを受けています。また、年齢を重ねるごとにもセラミドは減少します。詳しくは、後で「セラミドの種類」でもお話します。
セラミドは何かと不足する成分だからこそ、補うことの大切さを実感している人も多く、話題になるのでしょう。
では、どんな効果の成分なのでしょうか?

セラミドのバリア機能が落ちる過程

冒頭の図をもう一度ご覧ください。

たくさんの角層細胞はレンガのような作りです。角層細胞同士の間にはレンガのセメントの代わりに水分と油分があり、その二つ(水分と油分)が仲良くいられるように細胞間脂質がとりもっています。

イメージは下図のようになります。

この細胞間脂質がしっかりと水分・油分の間に入って接着剤のように働いてくれていると、角質細胞同士の間にある水分と油分を保ちやすくなります。そうすると、肌は外からの刺激に対してもバリア機能を発揮しますし、潤いを持続しやすい肌でいられます。
この細胞間脂質の主要成分こそが、セラミドなのです。ですから、セラミドが減ってしまうと細胞間脂質は通常の働きができなくなり、イメージとしては、下図のようになります。

セラミドが減った細胞間脂質は、肌の水分・油分を保てなくなります。こうなると角層細胞がめくれやすくなり、外からのホコリやアレルギー物質、コスメの刺激成分の影響をモロに受けて肌トラブルの原因になってしまいます。

保湿効果はあるの?ないの?

本やインターネットでは、保湿に効果のある成分として紹介されることの多いセラミドですが、実はこれのみを塗ればよいかというと、そうでもありません。原液タイプを買ってそれだけを塗るのはやめておきましょう。
セラミドは、他の成分による保湿の前段階として大事なベースを作ってくれるもので、純粋には保湿成分というより水性や油性の保湿成分の効果を発揮する上で大切な役割のあるものと言った方がいいでしょう。後半では、保湿にお勧めの成分もご紹介します。

セラミド効果を得るならサプリメントより化粧品?

日本でサプリはあくまで「健康食品」扱いなので吸収率なども保証はされていませんが、中には一ヶ月で水分保持力が高まったというデータもあります。また生芋こんにゃくにはセラミドが豊富です。
ただどちらかを選ぶなら、せっかく肌表面から補充できるものですので化粧品からがおすすめです。

セラミドは種類別に効果が違います!

最近、「〇〇セラミド」といって、〇〇の部分に色々な言葉が入った名称を多く見受けます。それらは化学的な正式名称ではなく、各化粧品会社がイメージ的に作った言葉も多くあるので混同しないようにしましょう。
ここではセラミドの4分類と、セラミドの種類などについてお話します。

セラミドの4分類

動植物などから抽出した天然由来のものと、科学的に合成された合成由来のものと、由来によって図のように4つに分類されます。
天然由来のものはヒト型セラミドの分子構造に糖類などの何かしらが合体されたもので、この状態で本当にセラミドの役割を果たすと100%言えるのかかどうかは、実はまだ分かっていません。
天然由来のセラミドでよくあるのは「馬セラミド」(成分名:「セレブロシド」)や「米ぬかセラミド」(成分名:コメヌカスフィンゴ糖脂質)などがあります。
疑似セラミドは、ヒト型セラミドより効果は落ちますが、その分高濃度にすることでフォローができるため量などによって変わってくると言えます。成分名はラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)などがあります。化粧品の成分表示は多く配合されている順番で書かれているので、参考にして下さい。

セラミドの種類とその効果

数百種類以上のセラミドがあるとも言われ、まだまだ未知の部分もあるセラミドですが、現段階で分っているメジャーなセラミド1~7の効果をご紹介します。( )内にあるアルファベットは今後、数字に変わる表記方法です。

  • セラミド1(EOP)…肌の水分を保つ。バリア機能。
  • セラミド2(NS)…バリア機能。毛髪に多い。
  • セラミド3(NP)…肌の水分を保つ。加齢によって減少する。
  • セラミド4(EOH)・セラミド5(AS)…角質で脂質のバリア層を作って保つ。
  • セラミド6(AP)・セラミド6Ⅱ(AP)…肌の水分を保つ。ターンオーバーを促す。加齢によって減少する。
  • セラミド7(AH)…細胞のコントロール、菌のバランスを整える。

セラミドの効果を目的に商品を選ぶ時は、成分表示に番号付きで「セラミド」の名称があるかどうかを確認するのが現段階では一番おすすめです。

 相乗効果が期待できる成分

セラミドは保湿ケアに重要ではありますが、あくまで肌ベースを整え乾燥しにくくする成分。ですから、「保湿」をしたいなら、水分を抱え込んだり、保護してくれる下記のような成分を一緒にとるのが、おすすめです。

ヒアルロン酸

1gのヒアルロン酸で2~6リットルもの水分を保持できると言われるほど水分保持力があります。成分名は複数ありますが、「加水分解ヒアルロン酸」は角質層に浸透しやすく分解させたもので「浸透型ヒアルロン酸」などとも呼ばれています。

コラーゲン

化粧品としてとるコラーゲンは「加水分解コラーゲン」、「水溶性コラーゲン」と言います。肌なじみが良く、水分を保持します。肌や毛髪に保護膜を作り、柔軟作用もあります。

エラスチン

保湿剤やコンディショニング剤として多くのコスメに使われている成分です。肌に浸透しやすく分子を小さくした「加水分解エラスチン」という成分名が多いです。

セラミドはバリア機能を高めることによって、お肌のベースを整え、乾燥しにくいお肌を目指すための成分です。「なぜ、どういう時に特に必要なのか」が分かったら、あとはこの記事を参考にコスメを選ぶだけですよね。セラミドが足りていれば、他の美容成分もグッと活きるので頑張ってくださいね。

コラーゲンを上手に補給し、何歳になってもハリのある肌を

オールインワン化粧品で時間をかけずにスキンケア

関連コラム