植物性乳酸菌は生きて腸まで届く! 動物性乳酸菌との効果・働きの違い

さまざまな効果が期待できると注目を集める乳酸菌。その中でも「植物性乳酸菌」が生きて腸まで届くとか。この植物性乳酸菌とはどのような効果や働きをするのか、動物性乳酸菌との違いはどこなのか確認してみましょう。
ザワークラウト

植物性乳酸菌と動物性乳酸菌

乳酸菌は、発酵で乳酸を作り、エネルギーを取り入れながら生きている細菌群です。乳酸菌は、発酵食品(漬物やチーズ、ヨーグルトなど)に含まれていることは知られていますが、人や動物の腸や口腔内、また海洋環境などさまざまなところに生息しています。

植物由来の植物性乳酸菌、動物由来の動物性乳酸菌と便宜上分類されますが、性質や遺伝子などにはっきりとした違いがあるわけではありません。ただ、植物性乳酸菌、動物性乳酸菌はもともと育つ場所が違うので、それぞれが育ちやすい環境(取り扱い方)という意味では違いがあります。

植物性乳酸菌

植物性乳酸菌の例(糠漬け・味噌・キムチ)
日本では、日本酒、みそ、しょうゆ、漬物類などがあり、海外では、キムチ、パン、ザワークラウト、ウイスキー、ワインなどがあります。発酵食品ばかりでなく、さまざまな天然物にも乳酸菌は生息しています。

乳酸菌のエサは、エネルギー源となる糖質ですが、植物の種類や状況によって、さまざまな種類の糖質をエサとします。(ブドウ糖、フルクトース、マルトース、スクロース、キシロースなど)

植物性乳酸菌は、さまざまな酵素類がある環境や、なんらかの抗菌成分が存在している環境において、カビや別の細菌類などと競い合いながら生き抜かなければならず、動物性に比べて過酷な生育環境に存在しています。

体内に入った時でも、酸などに強いため、生きたまま腸に届き、善玉菌と呼ばれるビフィズス菌などを増やし、腸内環境を整えてくれる働きがあります

動物性乳酸菌

動物性乳酸菌の例(ヨーグルト・チーズ)
動物性乳酸菌は、なじみのあるものとして、ヨーグルト、チーズなど乳由来の発酵からなるものがあります。

動物性乳酸菌のエサは、主に乳糖(ラクトース)と限られます。

動物性乳酸菌は、植物性に比べて、栄養豊富(糖質の他に、アミノ酸やビタミンなども豊富)な生育条件の中で生きている乳酸菌です。他の菌と競合・共存することはほとんどなく、単独で生きています。

単独で生息しているため、分解されやすいものの、植物性乳酸菌やその他腸内細菌のエサとなるなどの役割があります

人のからだには、さまざまな腸内細菌が存在しているため、植物性・動物性問わず、さまざまな乳酸菌を摂ることが、よりよい腸内環境にするのに重要でしょう。
ただ、過酷な環境で生き抜いている植物性乳酸菌は動物性乳酸菌に比べて、タフで順応性があります。
そのような植物性乳酸菌を意識的に摂ることで、からだ・腸にとってさまざまなよい効果がある可能性が考えられているといえるでしょう。

植物性乳酸菌を摂取する際の注意点

植物性乳酸菌を摂るには、ぬか漬けなどの発酵食品を食べるといいでしょう。ここで気をつけてほしいのが食品の温度です。

乳酸菌には、生きやすい温度が40~45℃の高温性乳酸菌・30~35℃の中温性乳酸菌・10℃の低温性乳酸菌がいます。つまり、乳酸菌の種類や生育条件によって死滅温度は変わってきます。

植物性乳酸菌は、過酷な条件でも生育できることから、動物性乳酸菌に比べて熱にも強い性質をもっています。しかし死滅温度を考えると、生きた菌を摂り入れるには、できるだけ50℃を超えないようにし、加熱調理は避けたほうがいいです。

ただし、菌が死滅してしまったからとって、乳酸菌を摂ることの意味がなくなるわけではありません。死滅した菌も腸を刺激して免疫力に影響し、腸内細菌を活性化すると言われています。

植物性乳酸菌の種類

京風漬け物をならべたもの
植物性乳酸菌といっても種類は豊富です。紹介できないほどの種類が存在しますが、ここでは一部の植物性乳酸菌をご紹介します。

ラブレ菌

1993年に京都の漬物の中でも特にすっぱい「すぐき漬け」から発見された乳酸菌です。ラブレ菌には、免疫の活性化や免疫機能を高める作用があることが分かりました。ラブレ菌は、今や健康にいいものとして、多くの人に乳酸菌飲料やサプリメントとして飲まれています。すぐき漬けを作る「室」や「樽」に乳酸菌が長年住み着いているといわれています。
[ 出典:株式会社カネカ 健康カガクラボ ]

プロテクト乳酸菌

サントリーがしば漬けの中に免疫力を高める力のある乳酸菌を発見したのがプロテクト乳酸菌です。この乳酸菌は、細胞壁が他の乳酸菌と比べて厚いことが特徴です。細胞壁が厚ければ厚いほど、免疫活性成分の量が多くなり、免疫力のパワーが増すということがわかっています。細胞壁で守られている(プロテクトされている)乳酸菌、ということで「プロテクト乳酸菌」と名付けられたそうです。
[ 出典:サントリーHP 健康情報レポート 免疫力とプロテクト乳酸菌の関係 ]

ライラック乳酸菌

ライラック乳酸菌は、ライラックというキンモクセイ科の花から採取した100%植物性の乳酸菌です。北海道の気候の厳しい環境で生息しています。この乳酸菌は、「有胞子性乳酸菌」といって、タネのような芽胞をつくるので、耐久性が高く、熱や酸に強い特徴があります。生きたまま大腸の奥までしっかり届いて、便の状態を整え、お通じを改善することが報告されています。
[ 出典:アテリオ・バイオHP ]

HSK201株

HSK201株は、ザワークラウト(ドイツの伝統料理で、キャベツの漬物)から分離した植物性乳酸菌です。日本ルナ(株)と日本ハム(株)中央研究所がアレルギーの研究を行う中で2000株以上の乳酸菌の中から選抜し、酸に強く、胃液に対しても強い耐性を持ち、生きて腸まで届いて、働くことがわかっています。花粉症の緩和効果など、抗アレルギー作用があることがわかっています。
[ 出典:日本ルナHP ]

ANP7-1 株

石川県の伝統発酵食品である「アジのなれずし」から発見された植物性乳酸菌。免疫力を高める作用や、造血作用、アレルギー緩和いった効果が期待できるといいます。
[ 出典:金沢福光屋HP ]

腸まで届く植物性乳酸菌!

お腹の前に手でハートを作る人
植物性乳酸菌は、このように動物性乳酸菌よりも過酷な環境下で生きぬくことから、腸の奥まで生きて届いてさまざまな健康効果を発揮します。一見、パワーが弱そうな植物性乳酸菌ですが、日本古来の伝統発酵食品から発見されることが多く、昔の人もその恵みを受けていたのではないでしょうか。日本人の腸には植物性乳酸菌が欠かせない存在でありそうですね。

ライラック乳酸菌

関連コラム