BBクリームとCCクリーム、どう違う?自分にあうのは?

BBクリームやCCクリーム。いいものが次々でてくるのは嬉しいけれど、正直どう違うの?私にはどっちがいいの?この記事でBBクリームとCCクリームの違いを知って、自分に合ったものを選びましょう。ここでは違いだけでなく、選ぶときのポイントまでご紹介します!

BBクリームとCCクリームの違いと特徴

一般的に売られているBBクリームとCCクリームには「1本で〇役!」「これ1本でベースメイクが完成」などの売り文句がどちらのパッケージにも書かれているので、同じようなアイテムだと思っている方も多いでしょう。しかし、BBクリームとCCクリームにはきちんと違いがあるのです。その違いを簡単にいうと、CCクリームよりもBBクリームの方がカバー力を重視しているということです。まずは、それぞれの特徴をご紹介しますね。

BBクリームとは?

BBクリームとは「Blemish Blam」の訳で、傷や気になる部分(Blemish)に塗るクリーム(Blam)という意味。もともとドイツの美容皮膚科で、ピーリング後の敏感なお肌を紫外線や外気から保護しつつ、肌の再生を促す成分の入ったファンデーションとして作られました。そのためスキンケア効果も高いですが、カバー力がありマットな仕上がりになるのが特徴です。

BBクリームのメリット

  • 美容成分が豊富
  • カバー力がある
  • 1本でベースメイクが完成するので時短にぴったり

BBクリームのデメリット

  • ファンデーションに比べて選べる色味が少ない
  • テカリが気になる場合も

CCクリームとは?

CCクリームは「color control」の略で、メーカーによってばらつきがありますが、色味を補正し、気になるものを目立ちにくくするためのクリームです。しっかりカバーするBBクリームに対し、CCクリームは色を使ってシミやそばかすなど気になるところを目立ちにくくするイメージです。

CCクリームのメリット

  • 肌を自然な感じに整えて透明感を出してくれる
  • ナチュラル感に仕上がるのですっぴん美人に見える
  • 薄づきでよいため化粧ヨレがしにくい

CCクリームのデメリット

  • 汗によって落ちやすい
  • 美容成分は案外含まれていない
  • 「下地+コントロールカラー」の役割なので、しっかりメイクの日はファンデーションを重ねる必要がある

選ぶ際のポイント

いかがでしたか。BBクリームとCCクリームの違いをわかっていただけたでしょうか。それぞれが持つメリット・デメリットを理解したところで、実際に自分の肌にあった選び方をご紹介したいと思います。

自分の肌質にあうか

まずBBクリームかCCクリームか悩むかと思います。どちらを選ぶかは、以下を参考に自分の肌質に合わせて選んでみてくださいね。

  • 乾燥肌
    乾燥が気になる方は、ツヤ感の多いみずみずしいCCクリームを選びましょう。もちろん普段から乾燥を感じているなら、メイク前のスキンケアでしっかり保湿することも大切です。
  • 脂性肌
    テカリが気になる方は、カバー力が高く、マットタイプのBBクリームがおすすめ。ツヤ感の多いCCクリームだと更にテカってしまう可能性があります。ぜひ、皮脂を抑制する効果のあるBBクリームを選ぶようにしましょう。オイルフリーのものもおすすめです。
  • 敏感肌
    もともと敏感なお肌をカバーするために作られたのがBBクリームなので、BBクリームを選ぶようにしましょう。それでも刺激を感じる場合には、アルコールフリーやパラベンフリーのものを選ぶといいと思います。
  • 混合肌
    Tゾーンはテカるのに頬はかさつく…といったコントロールが難しい混合肌さんには、BBクリームがおすすめです。ただし塗り方には工夫が必要。かさつく頬周りにはしっかり塗って、べたつくTゾーンは薄く塗ってくださいね。

色の合わせ方

CCクリームは色をコントロールするためのアイテムなので、色のバリエーションも多いもの。またカバー力が少ない分、肌への色なじみがいいです。それに比べてBBクリームは、色味の種類が少ないので、ここではBBクリームの色の合わせ方をご紹介します。色味があわないと、顔と首の色が違うなんて残念なことにもなりかねません。そうならないように色味を選ぶコツを知っておきましょう。

BBクリームを試す際、手の甲にとって色を合わせるのは間違いです。手と顔の質感は全く違うので、極力顔で試すようにしましょう。もちろんタッチアップするのが一番よいのですが、既にしっかりメイクしている場合には首に近いフェイスラインに試してみてください。この部分は日焼けをしていないことが多いので肌本来の色がわかります。また、すぐに購入せず、試しにつけてみたあと、必ず時間を置きましょう。BBクリームをつけた直後はきれいですが、時間が経つとやっぱり色があわないとういうことがあるからです。また、太陽光の下でも色味を見てから購入すると失敗が少なくなりますよ。ちなみにこの選び方は、BBクリームだけでなく、CCクリームや一般的なファンデーションを選ぶ際にも使えるのでぜひ覚えておいてください。

おすすめは…

BBクリームとCCクリームの違いわかっていただけましたか?美容成分が入っていて、そしてなによりカバー力があるBBクリーム。またこれ1本でベースメイクが完成することから時短メイクも可能ですので、大人の肌には「BBクリーム」をおすすめします。

コラーゲンを上手に補給し、何歳になってもハリのある肌を

オールインワン化粧品で時間をかけずにスキンケア

関連コラム