【プロ伝授】若く見える40代簡単メイク方法3つ~ベース・目元・口元~

40代になると目元のくぼみや小じわ、口角が下がってきてほうれい線が気になったり…。今までのメイク法だと老けて見えてしまうという悩みが出てきます。かといって派手なメイクは余計に老けて見えるので注意が必要ですね。今回は自然なナチュラルメイクで若く見せる、とっておきの方法を分かりやすい画像付きでご紹介します。
口紅を塗る女性

老けて見える!?40代NGメイク3つ

そろそろ肌の変化が気になってきたし、メイクに力を入れよう!…と、ここもあそこもと隠すことばかりにとらわれていませんか?40代のメイクは、塗りすぎや盛りすぎは逆効果。ときには「痛いメイク」と言われてしまうことも…。
40代メイクでは盛りすぎないテクニックと、丁寧で繊細な仕上がりにしていくことが重要です。メイクをするときは以下の3点に注意してくだい。

(1)粗隠しにとらわれた、粉っぽいベースメイク

顔に粉をのせる女性
隠したいところを見つける度に、ファンデーションやコンシーラーを重ね塗りしていませんか?そんなメイクでは粉っぽい仕上がりになり、肌に元気がないように見えてしまいます。たるみやしわなどの顔の凹凸にメイクを重ねていくと、一見フラットになったように見えても、時間が経つにつれ溝に入り込み、かえってたるみやしわなどが目立ってしまいます。

(2)アイメイクの盛りすぎ

目元のたるみが気になり始めると、ついアイメイクを盛りすぎてしまいがちに。ギラギラしたラメのアイシャドウに、太いアイライン、そしてマスカラは3度塗り!そんな若者メイクから抜け出せない人は要注意です。濃すぎるアイメイクは古くさい印象をあたえ、年齢よりも上に見られてしまいます。

(3)雑なリップメイク

ほうれい線や口角のたるみが目立ってきたり、唇の縦じわの深さや唇の薄さが気になってきたりと、40代になると口元の悩みも増えてきます。それなのに若いころのように、鏡を見ずにパパっと雑にリップメイクを仕上げていませんか?口紅をただ塗ればいいというのは30代前半まで。上品さが表れる口元こそ、こだわってメイクをしましょう。

若く見せる方法!40代簡単メイク3つの重要ポイント

若く見せたいからと、ただたくさん塗ればいいわけではないことをお分かりいただけたでしょうか?ここからは、実際に普段のメイクで注意していただきたい重要ポイントを3つご紹介していきたいのですが、その前にとても大事なのがメイク前のスキンケアです。

メイク前のスキンケアは、仕上がりやメイク崩れに大きく影響するので、怠らずに正しいスキンケアをしましょう。スキンケアを怠り、乾燥した状態の肌にベースメイクをすれば、老けた印象をあたえる粉っぽい仕上がりになってしまいます。それだけでなく、肌の乾燥によって皮脂が過剰に分泌し、メイク崩れを起こしやすくなってしまうのです。

それでは3つのポイントを紹介していきます。ぜひ取り入れてみてくださいね。

ポイント1:美しい艶でたるみをカバーするベースメイク

つやを出す場所
美しい艶感のあるベースづくりは、若々しく見せるために欠かせないメイクポイントの1つ。スキンケアでしっかりと保湿した肌に、艶肌タイプのリキッドファンデーション、または練状のエマルジョンタイプを丁寧にのせていきましょう。肌に光をあたえることで、肌のたるみやしわにヴェールを重ねたかのように、肌の粗をぼかして自然にカバーすることができます。艶は、頬骨や鼻筋(小鼻より上まで)、顎先など、顔の高いパーツに出るようにしましょう

メイクにそこまで時間が取れない人は、下地とファンデーションの効果が1つになったBBクリームを使うのも得策です。
フェイスパウダーは、メイク崩れしやすいTゾーンをメインにのせましょう。残りの部分は、艶やかな質感を残すために、ブラシでサッとなでる程度にのせます。

ポイント2:飾りすぎないアイメイク

NGアイメイク(左)とOKアイメイク(右)
濃すぎるアイシャドウは目元がくぼんで見えます。また、ひじきのようなバサバサまつ毛は目の下に影をつくってしまいます。このようなメイクは、実年齢よりも上に見られがち。そのため、ナチュラルで立体感のある目元にすれば、上品で年齢を感じさせない印象にすることができます。

アイシャドウ

ラメのように粒子の粗いものは小じわにたまりやすく、しわが強調されてしまいます。粒子が細かくパール感のある明るいアイシャドウを選び、目元に立体感をあたえてしわをカバーしましょう。

ハイライト

目元にたるみができると「黒くま」と呼ばれる影ができてしまいます。この影ができたところにハイライトや明るい色のコンシーラーをのせることで、目元をふっくら見せることができ、たるみを目立ちにくくさせます。

アイライン

アイラインは、まつ毛の際に細く入れ、主張させないようにしましょう。目尻の部分だけ、2mm程度長くアイラインを引くと、目尻のたるみをカバーすることができます。
おさらいアイメイクポイント

ポイント3:口元は輪郭を美しく品格アップ!

NGリップメイク(左)とOKリップメイク(右)
唇は年齢を重ねるにつれ、輪郭がぼやけてきたり、縦じわが深くなったり、唇が薄くなってきたりします。そのため、リップも丁寧にメイクする必要があります。
口元を若々しく見せるには以下のような方法があります。

  • リップペンシルで唇の形を縁取りします。リップペンシルを使うことで、ぼやけがちな唇の輪郭が綺麗に見え、縦じわによって滲んでしまいがちな口紅やグロスを、滲ませにくくする効果もあります。
  • 唇の深い縦じわをカバーするために、保湿効果や美容液効果の高いリップ用下地を塗ってから口紅を塗りましょう。唇の縦じわを目立ちにくくしたり、唇をふっくらと見せる効果があります。また唇の中央にグロスを少量付け足すことで、さらに縦じわを目立ちにくくさせます。
    リップメイクの手順
  • 頬のたるみや、乾燥によって目立ちやすくなるほうれい線。ここに影ができると、一気に老け込んだ印象になってしまいますね。ほうれい線にはパウダー状のハイライトをのせ、明るさで影をとばします

40代メイクのポイントまとめ

艶感のあるベースメイク、やりすぎないアイメイク、丁寧なリップメイク、と40代向けのメイクポイントをご紹介しました。
若く見せたいと思うほど、手をかけて色々とカバーしたくなるものです。ですがメイクをナチュラルにする方が、上品で若々しく見せられるということがお分かりいただけたのではないでしょうか?

もっと若く見えるメイクを学びたい方はこちらの記事もぜひお読みくださいね。

また、メイク前の保湿ケアも大切です。たるみや小じわができる原因は、肌のハリや弾力をキープするコラーゲンやエラスチンが、年齢とともに減少していくことが大きな原因の1つ。そのため、日頃のお手入れがメイクの仕上がりを左右します。
スキンケアの基本を詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

関連コラム