美容研究家が教える口紅の似合う色!肌色だけじゃない顔の特徴から選ぶ方法

「ちゃんと似合う色をつけているのかな」
だれしも一度は口紅の色で悩みますよね。ここでは、似合う口紅の色を選ぶ基準を解説し、あなたにぴったりの色を導き出します。
新しく口紅を買おうと思っている方、口紅で普段とイメージを変えたい方、年齢に応じた似合う色を知りたい方、みなさん必見です!

化粧をする女性、口紅、リップ

【つけたい色】と【似合う色】の違い

流行りの赤リップにチャレンジしたいけど、いざつけてみるとなんか違う…そう感じた経験はありませんか?それは、“つけたい色”と“似合う色”との間にギャップがあるからです。
顔の形や肌の色などから連想される、あなたが生まれ持った雰囲気に似合う色を選ぶと、口紅だけが主張するのではなく、顔全体が明るく見えたり、若々しさをもたらすことができます。反対に、自分の肌と調和しない色を選んだときは、肌がくすんでしまったり、口紅だけがやけに目立って派手に見えてしまいます。

顔の形・肌の色から選ぶ似合う口紅の色

自分に似合う口紅の色の選び方を、「顔の形」と「肌の色」の2つの軸から解説していきます。あなたにぴったりの色を導き出し、魅力が引き立つメイクをしていきましょう。

(1) 顔の形と似合う色

顔の形

あなたの顔の形は、「丸型」「三角」「面長」「四角」、どれにあたりますか?
それぞれの顔型によって、人に与える印象に大きく差があり、その印象と同じイメージの口紅の色を選ぶと、ギャップが少なく、あなたの個性を活かすことができます。

<丸型>

可愛らしく、いくつになっても若々しい印象があるため、女の子らしいベビーピンクやアプリコットのような淡い色が似合います。唇の色がほんのり透ける艶やかな質感の口紅を塗ると、可愛らしさが際立ちます。

<三角>

顔に直線が多く、すっきりとしたシャープな印象があります。赤(レッド)や、マンダリンオレンジのように鮮やかで発色の良い口紅を塗ると、さらに顔が引き締まり小顔に見えます。

<面長>

朗らかでのんびりとした優しい印象をお持ちです。そのためピーチやサーモンピンクのように、肌なじみのいい色を選ぶと人に安心感をあたえるオーラを纏い、女性らしく見えます。

<四角>

大人っぽく落ち着いた印象があるため、ピンクであればローズピンクのようにややくすみ感のある色が似合いますし、血色感を控えたローズブラウンなども、使いこなすことができます。
人に「○○なイメージだよね」と性格や、醸し出す印象についてよく言われるワードを思い浮かべてみてください。こんな風に見られやすいなという印象は、実は、顔型が大きく関係しています。その雰囲気と一致する口紅を選ぶと、自然な血色感をもたらことができます。

(2)ベースとなるあなたの肌の色と似合う色?

肌の色
肌の色の傾向には、イエローベースとブルーベースの2タイプに分けられます。
イエローベースさんは、肌に黄みがあり、黄みの要素をもった色が似合い、ブルーベースさんは肌に青みがあり、青の要素を持った色と調和します。まずは、この2タイプの特徴についてみていきましょう。

イエローベースさんの特徴

  • 日焼けすると赤くならず、すぐに黒くなる
  • 瞳の色や髪の色は、明るいブラウン、またはダークブラウン
  • 手首の内側に透ける血管が緑色
  • シルバーとゴールドのアクセサリーなら、ゴールドが似合う
  • 純白とオフホワイトなら、オフホワイトが似合う

ブルーベースさんの特徴

  • 日焼けすると赤くなり、黒くなりにくい
  • 瞳の色や髪の色は、真っ黒、またはグレイッシュ
  • 手首の内側に透ける血管が青紫・青緑
  • シルバーとゴールドのアクセサリーなら、シルバーが似合う
  • 純白とオフホワイトなら、純白が似合う

上記の項目の中で、当てはまる項目が多かったのはどちらでしょうか?
この肌色の傾向がわかると、自分にとって、どんな口紅の色が似合いやすいか、どんな色がより若見えするのかの目安となります。

(3)「顔の形」「肌の色」から導き出されるあなたが似合う色とは?

イエローベース
ブルーベース

イエローベース

イエローベースさんが似合う口紅は、オレンジ系や、ベージュ系、珊瑚のようなサーモンピンク系など、黄みの要素があるものです。その中から、明るさや、色の鮮やかによって決まる色のイメージと、顔型のイメージがぴったり合う色を選ぶと、自分らしい色が見つかります。イエローベースさんが、似合う口紅を付けると、瞳や肌がキラキラして見えます。

ブルーベース

ブルーベースさんが似合う口紅は、青みの強いチェリーや、ベビーピンク、ローズ系などがあげられます。ブルーベースさんが似合う口紅は、色のはっきりしたものと、淡いものがハッキリと分けられるため、顔型のイメージに合わせて色を選んでみてくださいね。

年齢・TPOも意識して口紅を選ぼう

口紅を塗る女性
これまでは基本となる似合う色について解説してきましたが、ここから年齢やシーンにあわせた口紅の色について解説していきます。年齢や会う人、行く場所、洋服に合わせて口紅の色を選ぶことも女性ならではの楽しみです。

【年代別】口紅の選び方

<20代>

定番カラーだけでなく、元気で明るいイメージを演出できるビビッドなカラーにチャレンジするのもおすすめ。積極的にトレンドの色をまとって、たくさんの色を体感しましょう。

<30代>

肌の変化を徐々に感じてきます。品のある雰囲気に近付けるため、少し落ち着いたトーンがおすすめですが、落ち着きすぎると老けた印象になってしまうので、元の唇の色よりやや明るさのある口紅をチョイスしてみてはいかがでしょうか。

<40代>

色だけでなく質感や、唇への美容効果も重視しましょう。マットなタイプよりふっくらぷるんとした唇になる保湿効果のある口紅がおすすめです。くすみが気になりだす年齢のため、華やかなピンク系やローズ系を選ぶと、肌がワントーン明るく見えます。薄付きで自然な発色のものを選びましょう。

<50代以上>

唇のラインがぼやけたり、唇の縦ジワが目立ちやすくなってきます。若々しさに満ちた艶やかな質感の口紅や、ハッキリとした色みを付けると顔全体が明るく見え、顔が引き締まり若見え効果がアップします。また、保湿効果のあるスキンケアを兼ねたリップを選ぶと乾燥から唇を守ることができます

コラリッチモイスチャーリップバナー

【シーン別】口紅の選び方

ここでは、シーン別に選ぶ口紅の色をご紹介していきます。口紅も、洋服と同じように、そのシーンに合った色を選ぶのが大人のメイクでは大切になってきます。

オフィスなどの普段使い

ビジネス・女性

日常生活やオフィスでは年齢問わずたくさんの方と接します。品のあるイメージにするために、主張しすぎない清潔感のあるナチュラルな色を選びましょう。

デート

デートするカップル

せっかくデートに行くならば、年齢問わず可愛いと思われたいものです。優しく見えて、唇がふっくらとみえる艶のある口紅がおすすめです。保湿力のあるリップを選ぶと何度も塗りなおしをしなくても唇のうるおいをキープできますよ。

旅行・お出かけ

ショッピングを楽しむミドル女性

写真を撮る回数が多いレジャーシーンでは、血色感はとても重要です。いつもなら少し派手かな?と感じる元気な色も、日中の野外ではとても顔色に映えます。

結婚式・同窓会などのパーティーシーン

ドレスアップした女性

いつもとは違ったドレスアップが楽しめるパーティーシーンでは、色っぽく見える色を選んでみてはいかがでしょう?唇の輪郭がくっきりとする華やかな色を選ぶと、女性らしさが増します。
口紅の色は、一瞬で顔の印象を変えられるメイクアップアイテムです。だからこそ、似合う色を選べばグッと魅力的に見えますし、顔色が明るく見えることで肌のくすみもカバーしてくれるのです。
まずは自分が似合う色を知り、シーンに合わせて口紅の色を選んでいきましょう。きっと自分をより魅力的にみせてくれる口紅に出会えますよ。

関連コラム