お家で出来る≪徹底≫毛穴洗浄方法いろいろ!毛穴をクリアにするケア

毛穴を引き締めて目立たなくするには、まずは自分のお肌の状態を観察することから。どの部分の毛穴が開いているか、毛穴の汚れが詰まっていないかなど、清潔にした手でふんわりと軽く触れて確認してみましょう。
ザラザラ感やゴワゴワとかたい感触がないか、週に1度はお肌の状態をチェックすることをおすすめします

鼻に泡を付ける女性

毛穴の働きと洗浄の効果

毛穴が詰まっているとどうなるの?毛穴のメカニズムと毛穴をきれいにすることでのメリットを解説していきます。

毛穴の働きと詰まる原因

毛穴の詰まり

お肌には毛穴が多数存在しており、その中には毛根、出口付近には皮脂腺があります。毛穴の中にある皮脂腺から分泌される皮脂は、お肌全体に皮脂膜を張り潤いを保ち、守る働きがあります。
皮脂が不足すると潤いが足らず乾燥し、過剰になると毛穴がつまりアクネ菌が繁殖します。この皮脂の過剰分泌(角質と呼ばれます)により毛穴がつまることで、角栓や黒ずみを引き起こします

毛穴洗浄のメリット

詰まりのないきれいな毛穴には化粧水や乳液などが浸透しやすく、お肌をすこやかな状態にしてくれます。お肌の水分量、皮脂量のバランスが保たれると肌のごわつきがなくなり化粧のノリも良くなってきます。
「普段の洗顔・スキンケアの見直し」+「毛穴洗浄」で、クリアな毛穴を目指しましょう。

毎日できる「自宅毛穴洗浄」3つのステップ

日常生活で行える毛穴洗浄には、洗顔、ピーリング、パックの方法があります。

ステップ1 洗顔

洗顔

では毛穴洗浄に効果的な洗顔方法と洗顔料について解説していきます。
汚れが目立ってくるとどうしても強く洗ってしまいがちですが、ゴシゴシと力強くこすらず、たっぷりの泡でやさしくなでるように洗うことが大切です。ご自身で思うよりも優しい力加減を意識して洗顔を行ってください。

洗顔料は「弱アルカリ性」で「クレイタイプ」がおすすめ

お肌は基本的にはPH5.5の弱酸性です。石鹸や洗顔料はアルカリ性であることから汚れを落とすことができますが、一度お肌がアルカリ性に傾き、弱酸性に戻る際に肌に負担がかかります。よって、「弱アルカリ性」の洗顔料はお肌のPHに近いため、弱酸性やアルカリ性の洗顔料に比べると、適度な洗浄力もありながらも肌に優しい洗顔料と言えます。
特に泥を使用したクレイタイプの洗顔料は、泥の汚れを吸着する効果と水で柔らかくなる性質から、汚れとともにすっきり洗い流すことができます。つるっとした洗い心地が魅力です。

ステップ2 ピーリング(角質ケア)

もしお肌の状態をチェックした際にゴワつき、ざらつきを感じた方はピーリングの併用をオススメいたします。鼻周り、あご、額などTゾーンの角質が特に滞りやすい傾向があります。
年齢を重ねることや、ストレス、生活環境などによりターンオーバーがうまくいかなくなると、毛穴の入り口を塞いで角栓や黒ずみ、ニキビの原因になってしまいます。この角質のサイクルを整えることができるのがピーリングです。頻度は週に2-3度ほどが基本です。

ピーリング効果

化粧品でのピーリングの方法は2つあります。お肌のタイプ・状態に合う方法を試してみてくださいね。ピーリング後は間を置かずにしっかり保湿を行いましょう

(1)ピーリング効果のある洗顔(粒子入り・洗い流すタイプ)

小さな粒が入っており、くるくるとお肌になじませることで毛穴の汚れに直接働きかけます。一般的な洗顔料と同じように使用できるので、初めてピーリング洗顔をする方、また皮脂が気になるオイリー肌の方におすすめです。ただし粒子による刺激が強いため、敏感肌の方にはおすすめできません。

(2)ピーリングジェル(ポロポロと落とす/洗い流すタイプ)

透明や半透明のジェル状で、お肌にのせた後ポロポロと落としながら毛穴の汚れも絡め取ります。さまざまなタイプが販売されており、低刺激なタイプは敏感肌の方も安心して使用できます。ただ、いくら肌にやさしいといっても多少の刺激はありますので、週に1-2回の使用にしましょう。

ステップ3 パック(角栓除去)

ピーリングのみでも毛穴の汚れがきれいに取れる場合がありますが、取り切れていないと感じる場合にはパックでの角栓除去がおすすめです。毛穴の中の汚れをしっかりと取り出し洗浄することができるので、週に1-2度ほどの頻度で集中ケア、スペシャルケアとしてオススメです。ただし肌への負担も大きいため、パック後のケア・保湿は念入りに行いましょう

クレイ(泥)パック

モロッコ産のガスールが有名です。粘土(泥)の成分が毛穴の汚れを吸着し洗い流します。自然素材を使用したものですがお肌の皮脂も取り除く効果が高いため、使用後は保湿を忘れずに行うようにしましょう。

クレイパック

⋆水の量は使用するものの指示に従ってください。

それでも取れないなら!セルフエステの毛穴洗浄

自宅でもエステのように毛穴洗浄ができる、リーズナブルな値段の美顔器も出てきています。先に紹介した洗顔などに加えて併用することも可能です。

超音波美顔器

美容液とイオン導入器

人間が聞き取ることのできない周波数(例:18000Hz=1秒間に18000回振動)をお肌に与えることでより深部まで働きかけることのできる美顔器です。

スチーム美顔器

美顔器

乾燥しがちなお肌に、水蒸気(スチーム)を当てることで潤いを与えてしっとりさせる美顔器。毛穴洗浄前に使用するのがオススメ。保湿だけでなく、お肌を柔らかくする効果が期待できます。水を入れてスイッチを押すだけで簡単な操作も人気です。

毛穴吸引器

パナソニック毛穴吸引器

毛穴に当てるだけで余分な皮脂や汚れを吸い取ってくれる機械。皮脂などの汚れを取る力はありますが、その後のスキンケアをしっかりしないと、開いた毛穴がかえって汚れてしまうこともあります。

出典:パナソニック株式会社

やってはいけない!毛穴洗浄

すっぴんメイク・女性

汚れをしっかりと落としたいがために、お肌を傷つけてしまうことのないよう優しく丁寧にケアを行うことが大切です。

刺激の強いスクラブタイプの洗顔

大人肌は敏感に傾きやすいため、できる限り刺激の少ないタイプを選びましょう。粒子が配合されているのでお肌のタイプによっては傷つけてしまうこともあります。

ピーリングのやりすぎ

毛穴の洗浄効果の高いピーリングですが、毎日行うと刺激が強く角質のサイクルが狂うことでニキビの原因にもなります。週に2-3度、ゴワつきの気になる人でも1日から2日おきでの使用が限度です。

筆者のおすすめ毛穴ケア

今回は毛穴をクリアにするための様々な方法を紹介しました。簡単で続けやすい、毛穴への効果を感じやすいところを考慮した筆者のオススメはこの3つです。

  •  1位 クレイ(泥)パック
  •  2位 ジェルタイプのピーリング
  •  3位 クレイ(泥)タイプの洗顔

洗った後の保湿、引き締めを忘れずに

どのようなケアを行っても、毛穴をしっかり洗浄した後は毛穴の引き締めをしっかりと行いましょう。ピーリングやパックを行った後には時間を置かないですぐに通常のスキンケアに移りましょう。何もつけないでいるとまたすぐに毛穴が汚れてしまうこともあります。化粧水は収れん作用のあるものがオススメです。取るためのケアを行った後の肌は乾燥しやすいため、乳液、美容液、クリームを使用して保湿もしっかりと行いましょう。

お肌には個人差があり、千差万別です。上記に紹介したものの中からご自身に合うものを見つけてくださいね。

関連コラム