ヘッドスパを自宅でも効果的にする方法

美容院でのヘッドスパはとても気持ちよくてリラックスできますが、たまにやるだけでは一時的な効果しかありません。たまにやるよりも、週に1回週末などに定期的にヘッドスパを行う方が、頭皮や髪の毛にとっていい状態を保てるんです。そのためにまずは、自宅で簡単にできるヘッドスパの方法を知って、エイジングケアの一環としても継続的に行い、健康な頭皮、美髪を手に入れましょう。

簡単!自宅でできる基本のヘッドスパ方法

日常生活の中で頭が疲れたな、凝っているなと感じたことはありませんか?肩や背中が痛むのと同じように、頭も疲れやストレスが多く蓄積する部分なので、定期的にマッサージでケアしていきましょう。クリームバス、炭酸シャンプー、オイルスパなど様々なヘッドスパがありますが、自宅でも行える方法を紹介します。

ステップ1:ブラッシング

最初のブラッシングはとても重要なステップです。ヘッドスパに入る前に、まずは汚れをしっかりとることが必要です。髪の毛や頭皮にほこりや汚れが付着しているので、ていねいにブラッシングすることで、ある程度の汚れが落ちます。ブラシはピン先が丸く、クッション性があるパドルブラシがおすすめ。汚れを落とすだけでなく、頭皮を傷めずにマッサージをすることができます。生え際に沿って毛先まで一通りブラッシングし終えたら、毛並みに逆らい右サイド、左サイド、後頭部から頭頂部にかけてブラッシングすることで、毛穴に溜まった皮脂や汚れを浮き上がらせやすくします。

ステップ2:頭皮マッサージ&シャンプー

緊張した地肌をしっかりマッサージでほぐしていきながら、毛穴の奥に詰まった汚れを浮かせます。マッサージにおすすめなのは伸びのいい「オイル」。頭皮の生え際にオイルを塗り込み指の腹でゆっくりと指圧していきます。その後シャンプーですすげば毛穴はすっきりし、頭皮は乾燥知らずに!

マッサージ方法

  • 5分でできる簡単ヘッドスパ
  1. オイルをなじませる
    「センター」「瞳の上」「目尻の上」の5本のラインを意識して、生え際から後頭部にかけてオイルをつけます。地肌全体にオイルが行き渡るようにジグザグに優しくなじませます。
  2. 5本ラインに沿ってマッサージ
    オイルをつけた5本ラインをこねながら、オイルを毛穴に染み込ませます。約1センチ間隔で指を動かします。
  3. 側頭部を念入りに
    凝りやすい側頭部の筋肉は念入りにマッサージ。手を下から上に上げる時に圧をかけます。
  4. 後頭部も忘れずに
    汗などの汚れが溜まりやすい後頭部は、じっくりとオイルをなじませて痛気持ちいいくらいの圧をかけます。
  5. 仕上げは髪を上へ引き上げる
    中から手を入れて髪をつかみ、軽く上に引っぱり上げます。頭皮が活性化され、美髪&リフトアップ効果が。
  • マッサージ効果がアップするツボ
  1. すべての経路が集まる「百会」を刺激
    「百会」とは、両耳をつないだ線と鼻の延長線上が交わるところ(頭頂部)にあるツボです。ここを10秒~15秒ほど押します。
  2. 頭皮ストレスを解消するツボ「頭維」を刺激
    額の生え際の角あたりに中指をあてて軽くぐるぐると押します。

ステップ3:トリートメント

しっかりとすすいだ後はトリートメントで仕上げをしましょう。毛先だけにトリートメントをつけ、手に残った分を残りの髪につけます。この時、地肌につかないように注意しましょう。1~2分おいたら、髪にトリートメントが残る程度に上から下に向かって洗い流します。髪の毛をしっかり保護しましょう。

グッズで簡単!本格サロン体験

自宅でケアしても、まるでヘアサロンのような心地よさを味わえる厳選アイテムをご紹介します。

オイル

  • 大島椿

髪・頭皮・肌のケアができる優秀マルチオイル。良質な椿オイルだけを使った天然椿油100%のリッチ感と、無香料・無着色の安心感が人気の定番品。

  • DHC 薬用ヘッドオイル

毛穴にこびりついた皮脂をオフしてくれる頭皮用クレンジングオイル。オリーブバージンオイルを主成分としている頭皮のマッサージや、頭皮環境を整えるのに適した人気アイテム。

ヘッドスパブラシ

「より本格的に頭皮ケアをしたい」「自分でマッサージがうまくできない」「忙しいから簡単に頭皮ケアしたい」そんな人には、ヘッドスパブラシや自動で頭皮マッサージができる家電を活用するのがおすすめ。本格的なケアが手軽にできるので継続しやすいです。

炭酸水ヘッドスパ

炭酸水での頭皮ケアは以前から注目されていますが、水ではなくなぜ「炭酸水」なのか。理由は以下の3つです。

  • 頭皮の血行がよくなる
  • 頭皮や髪に付着した汚れを浮き上がらせやすくしてくれる
  • 毛穴を詰まらせる原因の皮脂を落としてくれる

では、実際どのように炭酸水をヘッドスパに取り入れるのでしょう?実はいたって簡単です。シャンプー前、またはシャンプー後に炭酸水を直接頭皮にかけてマッサージするだけ。シャンプー前なら汚れを浮かせてくれる効果、シャンプー後なら血行を促進させてくれる効果が期待できます。オイルマッサージと炭酸水をセットにする場合は、シャンプーをすすぐ際に炭酸水を使ってみてください。トリートメントは直接頭皮に触れないので洗い流すのは普通の水で構いません。また用意する炭酸水は、砂糖が入っていないものであれば市販のものでOK。安価な上に簡単に手に入るのは嬉しいですね。

ヘッドスパの効果とは?

自宅で簡単にできるヘッドスパの方法はおわかりいただけたでしょうか。では、実際にヘッドスパにはどんな効果があるのでしょう。嬉しい効果がたくさんあるのでご紹介します。

リフレッシュ

脳の疲れをとらないと体と心はリフレッシュできません。ヘッドスパで頭皮を刺激することによって脳をリラックスやリフレッシュさせ、乱れてしまった自律神経のバランスを整えることができます。また、使うオイルやシャンプーをアロマのものにすると、より心が落ち着きリフレッシュ効果を得られます。頭皮のマッサージをして日頃のストレスをほぐしましょう。

血行促進による育毛・発毛促進

ストレスや偏った食生活が頭皮の環境を悪化させ、それが抜け毛や薄毛の原因になることとも考えられます。例えば、シャンプーのしすぎや洗い方が悪くて頭皮が乾燥してしまったり、ストレスが原因で頭皮が固くなり血行不良や毛穴の詰まりを引き起こしてしまったり。マッサージで頭皮の凝りをほぐすことによって、血行が促進され髪に十分栄養が行き渡り、抜け毛予防になります。

リフトアップ

ヘッドスパには頭だけでなく、実は顔の「リフトアップ」にも効果的。顔と頭の筋肉はつながっているので、頭部全体の滞りを流すことで、頭からフェイスラインまですっきりしてきます。「むくみ」や「たるみ」が気になる人は頭皮を引き上げるようにマッサージしてみてください。

肩こり・眼精疲労の解消

肩や首から上を動かさずに同じ姿勢をつづけたり、長時間パソコンを使ったりする人にとっては、「肩こり」「眼精疲労」の悩みは深刻ですよね。リンパや血管が滞り、心臓からの血液や水分のめぐりが悪くなることでそれらは引き起こります。ひどくなると頭痛の原因にもなるので要注意。側頭部あたりをマッサージすることによって水分代謝を高め、凝りや痛みをケアできます。

どのくらいの頻度で行うのがいいの?

基本的には週に1回が望ましいですが、最低でも頭皮の生まれ変わりサイクルである、28日(約1ヶ月)に合わせてヘッドスパを行いましょう。女性は生理周期に合わせて、新陳代謝が上がる生理後に行うことがおすすめ。リフレッシュ効果や頭皮の汚れを落とすための頭皮マッサージは、2~3日に1回行うと効果的です。ですがストレスにならないようライフスタイルに合わせて、日々の習慣に組み込んでみてください。

美髪の道も一歩から

美髪は日頃からの定期的な頭皮ケアがあってこそのもの。頭皮マッサージを習慣にすることによって、頭皮環境が整って健康的な髪が育つもの。さらにリフトアップ効果も期待できるのは嬉しいですね。自宅で簡単にできるのでぜひ今日から始めてみてくださいね。

コラーゲンを上手に補給し、何歳になってもハリのある肌を

オールインワン化粧品で時間をかけずにスキンケア

関連コラム