【促進だけじゃダメ!】肌のターンオーバーの乱れとは?原因と正常化する方法

よく聞くターンオーバーという言葉ですが、一体何なのか、どうすれば良い状態を保てるかについて解説していきます。

肌スキンケア

ターンオーバーとは?

お肌の新陳代謝のことをターンオーバーと言います。お肌は人の体の最も外側を覆っている部分ですが、内側からの細胞分裂が絶えず行われており、下から上に押し上げられ、最終的に角質となり剥がれ落ちていきます。そのサイクルをターンオーバーと呼んでおり、通常は28日周期と言われていますが、個人差があり、年齢を重ねることで周期は長くなる傾向にあります。

ターンオーバーの仕組み

ターンオーバーのしくみ

皮膚は大きく分けて、表皮、真皮、皮下組織の3つに分かれており、ターンオーバーは表皮で行われています。一番下にある基底層が細胞の基礎となり、細胞が作られています。その次の有棘層から角質化が始まった後は顆粒層に入り、最終的に角質層に達します。角質層までたどり着いた細胞は、垢(アカ)となってお肌から剥がれ落ちていくことで、お肌を常に良い状態に保つことができます

正しい周期

正しいターンオーバーの周期は必ずしも全員が28日とはかぎりません。個人差や年齢により幅があり、30~40代では、40~55日かかるとされています。ターンオーバーが早すぎると細胞がうまく育たず、そのまま角質となるとお肌のバリア機能も損なわれてしまいます。逆に、遅すぎたり滞ったりすると角質が固くなります。

年齢別ターンオーバーの周期

ターンオーバーの乱れ:原因と症状別改善策

スキンケア・女性

それでは、ターンオーバーが通常より早い場合と、遅い場合の見分け方の目安や原因、対策について紹介します。あまりにひどい場合には、皮膚病の可能性もあるので医師のアドバイスを受けるようにしてください。

ターンオーバーが早い場合 ターンオーバーが遅い場合
症状 ・乾燥している
・ピリピリして赤みが出る
・肌荒れしやすい
・毛穴の黒ずみ
・肌が硬くゴワゴワする
・化粧のノリが悪い
・顔色が悪い、くすみやすい
・シミやたるみが目立ってくる
原因 ・紫外線によるダメージ
・過剰な洗顔、角質ケア
・熱い湯での入浴、長風呂
・洗顔、角質ケアが足りていない
・体温低下による血行不良
・ストレスや睡眠不足
対策 ・一時的に低刺激、高保湿の化粧品に変える
・日焼け止めを欠かさず塗る
・やさしく洗顔し、回数を減らしてみる
・軽い運動などで代謝を上げる
・睡眠をしっかり取る
・ビタミンが摂取できる食事、サプリを取り入れる

ターンオーバーが早い場合

細胞の成長がまだ未熟で、栄養を十分に肌が吸収できない状態です。栄養が十分でないと保湿成分を作り出すことも難しくなり、肌が乾燥しやすくなります。この場合には洗顔も化粧水も低刺激のものを使いましょう

ターンオーバーが遅い場合

古くなった角質が洗顔などできれいに取れず、肌の表面に溜まっている状態です。肌が硬くごわついて感じたり、くすみやシミが気になってきます。洗顔だけでなく体の疲れやビタミンが足りていないことも原因に考えられるため、生活習慣を見直すことが大切です。

肌のごわつきを感じたらピーリングケア

角質が硬くなりゴワゴワが続くと、ターンオーバーが遅れている証拠。定期的にごわつきを感じる方は、週に2~3回のピーリングケアや酵素洗顔をおすすめします
スクラブや、ジェル状のポロポロとケアできるもの、クレイパックなどのスペシャルケアを取り入れてみましょう。また洗顔後に導入美容液を使用すると、化粧水の浸透を助けてくれます。こちらはターンオーバーを促進することになるため、ターンオーバーが早い方にはおすすめしません

ターンオーバーを正常化!肌を根本改善するには?

それでは、このターンオーバーを正常化するにはどうすれば良いのでしょうか。日常生活で受けるストレスによって、体の機能は滞りやすくなってしまうので、日々の小さな心がけが、正しいターンオーバーをつくりだすきっかけになります。

食事やサプリメントでターンオーバーを助ける

• ビタミンB群

豚肉 ロース

肌のターンオーバーを助けるビタミンとして有名。豚肉、鶏肉、ウナギ、カツオやマグロなど、動物性の食品に多く含まれているので比較的補いやすいビタミンです。ダイエットや偏食により食事の摂取量が少ない人は、サプリメントなどを合わせて飲むと良いでしょう。

• ビタミンH

黄身が盛り上がる鶏卵の黄身

ビタミンB7やビオチンとも呼ばれ、お肌や皮膚の健康を保つことのできるビタミン鶏肉のレバー、卵などに多く含まれています。ビタミンB群のサプリメントに含まれていることも多いので、合わせて摂取することができます。

季節に関係なく保湿はしっかりと

スキンケア

肌が乾燥すると、角質に備わっているバリア機能も低下します。お肌が敏感になると細胞の分裂がうまくいかず、ターンオーバーに乱れが生じやすくなります。
乾燥しやすい冬だけでなく、冷房でお肌が乾燥してしまう夏にも保湿はしっかりと行いましょう。化粧水による保水から始めて保湿力のあるクリームや、オールインワンジェルなどの水分がバランス良く配合されているものがおすすめです。詳しくは「正しい保湿方法【完全版】化粧水~クリームまで」を参考にしてみてください。

毎日質のいい睡眠を

ターンオーバーは寝ている間に活発になりホルモンの分泌も高まります。少なくとも7時間の睡眠は確保して、深夜0時までには就寝するようにしましょう

紫外線対策は一年中抜かりなく

日焼け止めクリーム

紫外線は肌の老化を加速させてしまうので、対策は年中し、曇りの日も行いましょう。日焼け止めを選ぶときには、SPFの数値の横に+記号のあるUVA、UVB両方カットできるものを選び、紫外線によるお肌へのダメージをできるだけ少なくしましょう

肌の負担になるたばことお酒は、なるべく控える

たばこを吸うことで、酸素の運搬が妨げられ血行が悪くなります。また、ビタミンCも破壊されるため、お肌を健やかに保ちにくくなります。お酒は適度に嗜む程度であれば血行が良くなりますが、飲み過ぎは禁物です。肝臓や胆嚢などの内臓に負担がかかるため、お肌のターンオーバーにも影響します

日々絶えず繰り返されるターンオーバーが、健康的な美肌の鍵を握っています。ターンオーバーの正常化を意識することで自活力をアップさせて、素肌美人を目指しましょう。

関連コラム