日焼け止め、その量、塗り方正しいですか?

毎年悩む方も多い日焼け止めの塗り方。折角塗ったにも関わらず「真っ黒に日焼けした・・・」「肌が痛い・・・!」といった経験をなさった方もいらっしゃるのではないでしょうか?今年からはそんな悲しい思いをしないために、正しい日焼け止めの塗り方とコツを、改めて見てみましょう!

SPF値、PAとは?シーン別選び方

SPF値とはUV-B波の防止指数でSPF50などと表記されます。SPFは20分ほどで日焼けすると言われている目安を、どの程度伸ばすことができるかの指数となっており、例えばSPF20では20分×20=400分(約6時間半)日焼け止め効果が持続すると考えられます。PAは、UV-A波のカット指数を「+」記号の数(1つ〜4つ)で表しており、SPF30++などと表記され、+の数が多いほど防止する効果の度合いが増えます。

SPF値 おすすめ利用シーン
SPF10-20 日常生活
SPF15-30 屋外での軽いスポーツやレジャー
SPF30-50 炎天下でのレジャーやマリンスポーツ
SPF50+ 紫外線に過敏な人や非常に紫外線の強い場所

日本化粧品連合会「紫外線防止用化粧品と紫外線防止効果より」

日焼け止めの適量とは

日焼け止めは、肌に塗ることで紫外線を反射、吸収する作用によりお肌を守ることができるため、塗り残しのないようにしてください。もったいないからと少量塗っていては、日焼け止めの効果を得られなくなることもあります。逆に、塗りすぎてしまうとお肌とうまく密着せずに汗などで流れてしまうこともあります。

適量は日焼け止めのタイプにより変わりますが、ミルクタイプは500円玉大、クリームタイプはもう少し少ない量を目安にとり、お肌全体に行き渡るようにしましょう。

ミルクタイプ

クリームタイプ

化粧水の後?下地の後?塗るタイミングはいつなのか

メイクアイテムが多くてどのタイミングで日焼け止めを使用すれば良いのでしょうか。基本は、スキンケアの後でメイク下地の後になります。通常、スキンケアはクリームで終わるメーカーが多いですが、クリーム→日焼け止め→メイク下地→ファンデーションの順に塗るようにしましょう。製品によっては日焼け止めと下地を兼ねていることもありますが、メイク下地はメイクのノリや持ちを良くするためにあるので余裕があれば分けて行う方が綺麗に仕上がります。

タイプ別!特徴と塗り方

一言で日焼け止めと言っても、色々なタイプがあります。それぞれに、合うシーンやお肌タイプがあります。塗り心地やファンデーションとの相性の良さを重視して選んでもokです。

クリームタイプ

乾燥しにくく、お肌へのなじみやファンデーションとの相性が良いので迷ったらクリームタイプをオススメします。固めのテクスチャーのクリームは伸びにくいので塗り残しに注意しましょう。

シーン:いつでも メイクの前

タイプ:乾燥肌  メイク崩れしやすい人

ミルク(乳液)タイプ

クリームよりも柔らかいテクスチャーでカバー感が少なめ、ベタつきが苦手でも乾燥する人に。お肌の上で広げやすいのでさっと塗ることができます。クリームより落ちやすいので塗り直しをオススメします。

シーン:いつでも メイク前

タイプ:混合肌  乾燥肌でベタつきの苦手な人

ジェルタイプ

ひんやりとした感覚で、さっぱりした感触が特徴です。ベタつきのあるオイリー肌の人、夏の暑い時期には心地よいジェルですが落ちやすいのでこまめに塗りなおすようにしましょう。

シーン:梅雨時〜夏  レジャー

タイプ:オイリー肌  ベタつきの苦手な人

スプレータイプ

細かい霧状のミストタイプの日焼け止め。外出先の塗り直しや、髪用としてはオススメですがカバー力があまりないため、メイクの前はお肌にしっかりと密着するクリームや乳液タイプをオススメします。

シーン:メイク直し 髪の毛や生え際

タイプ:全タイプの肌

パウダータイプ

外出先でのリタッチとして、休日でファンデーションを使用しない時や短時間のお出かけに最適です。パウダーにはSPF値が付いていないものもあるため、外出用としては日焼け止め効果のあるものを選びましょう。

シーン:メイクの仕上げ メイク直し

タイプ:全タイプの肌

外出先で顔に塗り直すときのコツ

皮脂や汗により、日焼け止めはつけた瞬間から時間が経つと効果が弱くなっていきます。こまめに塗りなおすことで日焼け止めの効果をキープすることができ、日焼けはもちろんシミやソバカスを防ぐことができます。

屋外の場合

上記で紹介したようにSPF20でも正しく塗れば6時間半持つとされていますが屋外にいる場合、汗や皮脂により日焼け止めが落ちやすいのでこまめに塗りなおすようにしましょう。だいたい2-3時間ごとに塗りなおすのが理想です。外では日焼け止めの塗り直しは、面倒になりがちですがスプレー式や、日焼け止めパウダー、スポンジのついたポンポンとお肌に直接のせるタイプのパウダーなどが手早く使えるためオススメです。

屋内の場合

屋内では汗で日焼け止めが落ちにくく太陽光線が直接あたりにくいため影響は少ないですが窓から入る紫外線や、蛍光灯やPCからのごく微量の紫外線カットのためにも3-4時間ごとには塗りなおしましょう。フルタイムで仕事をしている人であれば昼、夕方などの2回ほどを目安にしてください。メイク直しも兼ねて、ティッシュオフ後、化粧水ミストなどで保湿し馴染んだら、日焼け止めパウダーなどで仕上げます。

まとめ

朝にしっかりと塗って満足してしまいがちな日焼け止めですが、特に紫外線が強い時期は暑い季節と重なることもあり、塗り直しを行うことが必須です。また塗り残しをしていては、せっかく塗った手間も無駄になってしまいます。日焼けは美肌には大敵、日焼け止めをきちんと塗ることを毎日の習慣として取り入れましょう。

コラーゲンを上手に補給し、何歳になってもハリのある肌を

オールインワン化粧品で時間をかけずにスキンケア

関連コラム