日焼け後のケアはこれ!うっかり焼けのアフターケア法

しっかり日焼け止めを塗って気を付けていても、汗や日差しの強さのせいで残念ながら日焼けしてしまうこともありますよね。そんな時、「もう日焼けしちゃったし…」と諦めてはいけません!日焼けをした後のケアで肌の回復が違います。ここでは日焼けした後のケアについてその方法を紹介します。

日焼けはなぜ起こるの?日焼け後のケアはなぜ大切?

日焼けが起こる原因をご紹介する前に、皆さんは紫外線にも種類があるのをご存知ですか?紫外線の種類によっても日焼けの状態が変わるので、まずは紫外線の種類をご紹介したいと思います。一般的に、私たちの生活と関係のある紫外線は以下の三つが挙げられます。

  • UVA
    肌を黒くしてしまう紫外線。雲やガラスを通過するほど波長が長く、皮膚の真皮層まで届きます。その結果、真皮層にある細胞を壊すのでシワやたるみの原因にも繋がります。気づかないうちに日焼けしてしまっているのはこのUVAの仕業です。「曇っているから」、「家の中だから」と紫外線対策を怠らないようにしましょう。また、このUVAによって黒くなる日焼けは「サンタン」とも呼ばれ、紫外線から遺伝子を守っているともいえるので天然のサンスクリーンともいえるのです。
  • UVB
    皮膚を赤くし、痛みを伴う炎症を起こす紫外線。皮膚の表皮に届くので、シミの原因になります。また細胞のDNAを傷つける作用もあります。このUVBによって起こる日焼けは「サンバーン」と呼ばれ、長時間のプールや海などのレジャー地といった日差しが強い場所で起こります。
  • UVC
    皮膚ガンの原因になってしまうほど強い紫外線ですが、基本的にはオゾン層で吸収されるので地表には届きません。ただし、地球温暖化によりオゾン層が破壊されつつある近年では、南極や北極を中心に地球にもUVCが届いている報告も上がっているそうです。

この三つの日焼けの中でも、UVBによって起こる「サンバーン」という日焼けは、いわば軽いやけど状態。赤くヒリヒリ痛くなってしまうだけでなく、放っておくと悪化して病院へ行く必要があることも。日焼けしてしまったなと思ったら、すぐに自分でケアをすることでシミなどの肌トラブルを防げます。また病院へいくほどに悪化せずにすみます。

日焼け後のケア、おすすめ方法5選

日焼け後のケアは72時間が勝負。なぜなら日焼け後72時間(3日)でシミの原因となるメラニンが生成されるからです。「今日は焼けちゃったな」と思ったら、日焼け後にケアを行うようにしましょう。

しっかりと冷やす

赤くヒリヒリと痛くなってしまう日焼けは、炎症を起こし軽いやけどをしているような状態です。そんな時にまずすることは、しっかり冷やして皮膚の熱を冷ますこと。シャワーを直接当てるのが手軽で良いですが、シャワーの水圧ですら刺激になってしまう場合は、氷水で濡らしたタオルをそのまま当てるか、保冷剤をタオルに包んで冷やしましょう。水風呂に入るのもおすすめです。

美白の化粧水を使う

美白化粧水には、シミを作り出すメラニンや酵素に働きかける成分が配合されています。シミは紫外線によって過剰にメラニンが作られ、肌の表面にある表皮に現れます。そのため、美白化粧水を使うことで過剰なメラニン生成を抑制することができます。ただし、美白化粧水は日焼け後赤くヒリヒリしている肌には刺激になる場合もあるので、日焼け後すぐに美白化粧水を使うのはNGです。この場合には皮膚の炎症が治まってから、過剰に分泌されたメラニンの排出を促進する美白成分を取り入れるといいです。美白化粧水などの美白化粧品は、日焼けをしてから使うよりも、予防の意味で日焼け前から1年中使うのがおすすめです。

保湿をする

日焼けをすると、肌の水分が奪われとても乾燥します。肌の乾燥はターンオーバーの乱れに影響し、細胞内からメラニンがきちんと排出されずシミを招いてしまいます。そこで、日焼けをした日は、いつもよりしっかり保湿をするように心がけてください。ちなみに日焼け後のお肌はとっても敏感なので、「アルコールフリー・パラベンフリー」などの優しい化粧水を選ぶようにしましょう。おすすめの成分は「セラミド・アミノ酸」です。肌にもともとある成分で肌のバリア機能を担っているため、保湿にぴったりの成分なのです。

水分をたくさん摂る

外からしっかり冷やし、セラミドやアミノ酸を配合した化粧水で保湿のアプローチを行った後は、内側からも水分を蓄えるために水分をたくさん摂ってください。また日焼けは、赤くヒリヒリするほど長時間日光に当たっていた証拠でもあるので、脱水症状になっている可能性も。日頃から水分補給が少ない方は特に、いつもより意識して水分を摂りましょう。

ビタミンを補給する

外からの対策だけでなく、日焼け後のお肌に有効な食べ物を食べて内側からもケアをすることが大切です。食物から摂ることが一番ですが、たくさん摂るのが難しい場合はサプリメントで賢く取り入れましょう!

ビタミンC

ビタミンCといえば、何といってもシミの原因になるメラニンの生成を抑える働きや抗酸化作用があります。ビタミンCが多く含まれている食品には、「パプリカ・イチゴ・キウイ・アセロラジュース」が挙げられます。ただし水溶性のビタミンなので体に蓄積することができません。日頃からこまめに摂ることを心がけるといいでしょう。

ビタミンA

紫外線によって発生した活性酸素を取り除いてくれる抗酸化作用があります。ビタミンAが多く含まれている食品には、「レバー・春菊・人参」が挙げられます。ちなみに脂溶性ビタミンのため油と一緒に摂ると効果がUPしますよ!

ビタミンE

私たちの肌は紫外線を多く浴びると、肌老化の原因となる「活性酸素」を生み出します。そこで、日焼け後に老化に対抗するビタミンともいわれるビタミンEを摂ることで、高い抗酸化作用を期待できます。また、肌の新陳代謝を促進し、日焼け後の肌の生まれ変わりも助けてくれるのです。ビタミンEが多く含まれている食品の代表格といえば「アーモンド・アボカド」が挙げられるので、日焼け後は積極的に食べるようにしましょう。ちなみに前述のビタミンA、ビタミンCと一緒に摂ると、さらに効果がアップしますよ。

日焼け後のお肌にはNG!絶対にやってはいけないこととは

赤くなるまでうっかり日焼けをしてしまった時には、シミなどの肌トラブルを心配して、ついつい自己流でケアをしがち。でも実は日焼け後ゆえに行ってはいけないケアもあるのです。日焼け後のデリケート肌に間違ったケアをしないようにチェックしておきましょう。

剝がれかけの皮膚を自分で剥がない

皮膚の皮が剥けているということは、炎症を起こした皮膚が再生しようとしている状態。皮膚を剥がしてしまうと未熟な皮膚が出てきてしまい、バリア機能がさらに低下してしまいます。絶対にやめましょう。

刺激の強い化粧品を使わない

日焼け後のお肌はとっても敏感です。肌に優しい「アルコールフリー・パラベンフリー」の化粧水でたっぷり保湿しましょう。美白化粧水やスペシャルケアをするのは火照りが完全に収まってからにしてください。

痛いからといって放置をしてしまう

「痛いから触りたくない! たかが日焼け、そのうち治るでしょう。」という方もいるかもしれませんが、まずは肌にこもった熱を冷まし、炎症を抑えましょう。炎症が治まってから、シミの原因となるメラニンの過剰生成と抑制するための美白化粧水を使ったり、日焼けにより水分を奪われた肌に水分を与えるための保湿を行ったりしましょう。

日焼け後もしっかりケアを

夏の楽しいレジャーにはUVBによる日焼けがつきものですが、家にこもっていてもUVAによって常に紫外線の害にさらされています。とはいえ、夏のレジャーだって楽しみたいし、家の中にいる時までも日焼けグッズを使いたくないですよね。そのためにも、日焼け後の適切なケアを知ることが重要です。日焼け後のケアとして覚えておいて欲しいのは、

  • とにかく冷やす、保湿、刺激をしないということ。
  • シミの原因となる過剰なメラニンを抑制すること。

いかがでしたか。これからは「今日は日焼けしちゃったな〜」と思って諦めず、体の外側からも内側からもケアをしてみてくださいね。

コラーゲンを上手に補給し、何歳になってもハリのある肌を

オールインワン化粧品で時間をかけずにスキンケア

関連コラム